AKB48グループには最近、姉妹でメンバーという例が増えてきていますが、今回はドキュメンタリー映画「アイドル」が公開ということでSKE48から、11月10日の卒業公演が決まったということでも注目の矢作有紀奈ちゃんにしてみました。

大学生との両立を図ろうとしているメンバーは結構いますが、歯学系の大学に在学しているというところがとてもユニークです。

ちなみに妹は、「ドラ3」の代表格で現在はAKB48チームKに属する萌夏ちゃんです。

卒業発表

出典:http://48pedia.org/

公式サイトから引用します。

あらためまして SKE48 チームKⅡ 矢作有紀奈 握手会含めた最終活動のご報告

SKE48チームKⅡ 矢作有紀奈より活動辞退の申し出があり、10月31日(水)をもって卒業させていただくことになりましたのでお知らせ致します。

<矢作有紀奈よりファンの皆様へ>
発表の通り、この度卒業させて頂く事になりました。
皆さんもご存知かとは思いますが、私はSKE48の活動と学業とを暫く両立してきました。
実は1年ほど前から休学するか復学するかで悩み、両立は難しいと判断した私は支配人である湯浅さんに何度か辞退を相談していました。
でも、何度も引き止めて下さり、両立してみてダメだったらその時は卒業しようと提案して下さったのでここまで両立を頑張ることができました。
しかし、公演にも全く出演せず、握手会やコンサートのみの出演ということに対して次第に自分の存在価値に疑問を持つようになりました。
そしてメンバーやファンの皆さんへの申し訳なさ、また両立の忙しさに心身共に限界を感じてしまいました。
短い期間でしたが私は全力でSKE48として活動してきたし、ここまで支えてきて下さったファンの皆さんやメンバーやスタッフの方々に感謝しています。
SKE48のメンバーに選んで頂いたこと、選抜に選んで頂いたこと、正規メンバーに昇格させて頂いたこと、総選挙の速報にランクインさせて頂いたこと、これまで皆さんと一緒に歩んできた道は一生忘れません。
本当にありがとうございました。
残りの期間の活動も頑張りますのでどうかよろしくお願いします。

出典:http://www.ske48.co.jp/

卒業を決断するに至った経緯と、SKE48への思い入れがよく伝わってくる文面ですが、「心身共に限界」という部分が読んでいて辛いところですね。
この卒業発表についての新聞記事の見出しでもこの部分が使われていたりしていましたし・・・

総選挙の頃は「辞めない」と言っていた

出典:https://stat.ameba.jp/

しかしながら、つい4か月ほど前の総選挙の時期のインタビューでは、辞める意思がないことを明言してもいたのでした。

矢作有紀奈 目標は妹・萌夏とのダブル当選

――昨年はアイドル活動のため大学(歯学部)を休学していたが、現在は?

矢作:復学しました。今は3年生です。まだそんなに実習はないのですが、私の大学は出席がすごく厳しくて…。頑張ってはいるんですけど、公演には出れない状態が続いてます。

――学校は週に何回?

矢作:普通に週5日あります。平日にお仕事が入るときは学校の方を休んだり、お仕事を減らしていただいたりしてもらってます。でも(SKEの)活動ができるのは、ほぼ土、日だけですね。

(中略)

――SKEを辞めようと思ったことは

矢作:復学しようか悩んでるころはすごく迷いました。でもSKE劇場支配人の湯浅さんに相談したら「公演に出れなければ人気は落ちるだろうし、仕事も来なくなるだろう。それでも新しい形で(グループ活動を)やっていけることを証明してみたら」と。(受験期間中のアイドル活動を休業した)後藤楽々さんもそうなんですけど、学業を優先する形でやってみようとなりました。他のグループなら速攻でクビにされてたと思うんですけど、湯浅支配人は柔軟な考え方でいろんな方法を提案してくれるのでありがたいです。

(中略)

――今はSKEを辞めるつもりはない

矢作:何とか両立できているので今はないです。(アイドルは)なろうと思ってなれる職業ではないし、せっかく入れてくださって、1年ぐらいで辞めるというのも…。ファンの方も結構ついてきてくださっているので裏切ることもできないし、

一番いいのは両立だなって。イベントに出る回数は減っちゃうんですけど、それを許してくださるファンの方がついてくれるので、できる限り頑張りたいです。

(中略)

――学業との両立は大変だが、まだまだSKEを続けたい

矢作:SKEのことが大好きなんです。団結力といいますか、メンバーみんなのSKEに対する愛が強い。コンサートのときも全員一丸となってやるし、すごくすてきなグループだと思います。私も、もっともっとSKEを愛する人になりたい。

夏休みになれば学校もないので公演やいろんなイベントに出たいと思っています。

――2度目の総選挙の目標は

矢作:本当は最初、立候補しないつもりだったんですよ。妹(萌夏)に託そうかなって。でも「今年は絶対入ろうね」って多くの方が言ってくださって…。「こんなに活動してきてないやつでも応援してくれてるんだ」って思ったら消極的な自分のことが申し訳なくなりました。それですごくヤル気が出てSNSでも発信するようになり、選対(ファンによる選挙対策委員会)もできて、今年は本気でやってみようと思いました。目標は100位以内です。活動も半分ぐらいしかできてませんが、でも名前を呼ばれたいです。

――妹は1月に行われた第3回AKB48グループドラフト会議で3チーム1巡目指名競合の末、AKBのチームKに入った期待の新人だ

矢作:同じアイドルをやってる者しかわからないことを相談し合えるのでいいなと思ってます。昨日も自宅で「あーっ、このダンス難しいよね」とか「こうじゃない?」みたいな感じで2人で盛り上がってました。

――同じ48グループなので将来、ステージで共演する可能性もある。

矢作:よく2人で「おしべとめしべと夜の蝶々」(AKB「最終ベルが鳴る」公演の楽曲)を一緒にやりたいねって言ってます。

――女性同士の禁断の恋を連想させる歌だ

矢作:妹がめっちゃやりたがっていて。私は「姉妹でやるのやばくない?」って言ってるんですけど(笑い)。妹は「やりたい。やりたい」って。じゃあ、いつかそういう機会があったらやりたいねって話してます。

――ナゴヤドームで姉妹揃って名前を呼ばるのが最高の展開

矢作:もし呼ばれたらパーティーですね。我が家で。

――妹だけ呼ばれたら?

矢作 うれしいですよ。うれしいですけど、ちょっと心の中で“私も呼ばれたかった”というのはあると思います(笑い)。

出典:https://www.tokyo-sports.co.jp/

辞めるということについて、いまはこの当時とは違った心境になってきているというところなのかも知れません。

文系でも大変ですが、歯学系の大学ということで、負担がどうしてもより大きいものになってしまうのでしょうね。

まとめ

出典:http://livedoor.blogimg.jp/

10月19日に「アイドル」が公開ということで、この時期の記事はSKE48のメンバーにしようと思い立ったものの、誰にしようかと考えあぐねていました。そこで、公式サイトのプロフィール写真で直感的に決めようとして、たまたま目に留まったのが矢作有紀奈ちゃんでした。

実はこのときもう卒業発表は済んでいたのですが、迂闊にもそのことを知りませんでした・・卒業間近ということでなんとなく呼び寄せられたのかな、という気がしているところです。

ゆくゆくはアイドル出身の歯科医として健康とか医学に関わる番組に出たりなどもすることになるかも知れませんね。テレビによく出る女医さんは結構いますが、歯科ではまだ珍しいのではと思います。

デビューから卒業までちょうど2年なんですね。メンバーとしてこれからという時期に卒業となるのはとても惜しいところですが、自分で決めた新たなフィールドで活躍を遂げることを願ってやみません。

出典:http://livedoor.blogimg.jp/