今回は、PRODUCE48での活動を終えてすぐのタイミングでの卒業発表で話題を集めた竹内美宥ちゃんです。

卒業の理由や、これまでの個人的な取り組みなどについて書こうと思います。

スポンサーリンク

卒業発表と卒業の理由

出典:http://livedoor.blogimg.jp/

まずは、9月2日のTwitterで卒業発表を暗示するような文言があったことから始まりました。そして、翌3日には、これを受けて「AKB48から卒業を発表するのではないかと話題に」というニュースまで出ていたのでした。

https://twitter.com/take_miyu112/status/1036219786768789505

竹内美宥、9月4日にAKB48から卒業を発表するのではないかと話題に。

PRODUCE48で最終順位17位となり、惜しくもIZONEの一員になれなかった竹内美宥が、AKB48を卒業するのではないかと現在話題になっている。

竹内美宥は自身のSNSで「9月4日21時ネット配信にて発表があります」と投稿。これを見たファンは「もしかしてAKB卒業?」「きっと卒業を発表するんだね」などのコメント多数寄せられている。

出典:http://www.otoku-information.club/

そして4日、正式な卒業発表となりました。

AKB竹内美宥、年内で卒業発表 公式ブログで報告

AKB48の竹内美宥(22)が、今年いっぱいでグループから卒業することを発表した。

AKB公式ブログは4日、「本日、竹内美宥がSHOWROOMとYouTube配信にて卒業することを発表致しました。最後の握手会イベント参加は2018年12月23日の『センチメンタルトレイン』劇場盤発売記念大握手会となります。卒業公演の日程は決定次第改めてお知らせ致しますが、年内にて活動を終える予定です」と伝えた。

竹内も同日深夜、ツイッターで「卒業発表をしました。10年お世話になったAKB48を今年いっぱいで卒業します」と報告。「自由にやらせてくださったAKBのスタッフさん、メンバー、ファンの皆さま、友人、家族。本当にありがとう。これからの私もよろしくお願いします!」と呼びかけた。

出典:http://www.nikkansports.com/

 

この卒業発表配信では、次のような理由をあげています。

「韓国という場でアイドルである自分を全て出し切ってアイドルらしく存在することが出来て、何一つ後悔することはないなと思いました」

「卒業するということは実はAKBを始めるときからずっと考えていたことで、どういうタイミングで卒業するのが自分にとってベストかというときに考えたのは、何か大きなことをしてから卒業したいというのが自分の決めていたことでした」

「やり切ったって言えるときがなかなか見つからなくて、でも今は全ての条件がそろって、全てにおいてやり切ったと胸を張って言えるのでこのタイミングに卒業発表をすることに決めました」

ちなみに、2年半前にはネット上で偽の卒業発表の話が出て、それにファンからのコメントが多数寄せられたなんてこともあったようで・・・

竹内美宥に卒業ガセ情報「ややこしくさせないで」

AKB48の竹内美宥(20)が、卒業発表したという情報がネット上に出回っていたことを受け「ガセ」だと否定した。

竹内は15日にツイッターで「私が卒業発表したというガセの情報を流されたようだけど、正直目立ったことなにもできてないのにこんな私をわざわざ引っ張り出してきて話題にしてくれるなんてなかなかないわ…ありがとう でもややこしい」と複雑な心境をつづった。

しかし偽の情報によって「朝から母に心配されるし、祖父と近いお年のおじいちゃんファンの方もいるし、そんな人がガセの情報を目にしたら信じちゃうよ」と情報を鵜呑みにしている人も居ることから、「ファンの人数は他と比べたらとても少ないと言われるんだろうけど、せめてこんな私でも応援してくれる数少ない方々をややこしくさせないでね」と呼びかけた。

出典:https://www.nikkansports.com/

 

スポンサーリンク

早稲田塾の卒業生として

出典:http://stat.ameba.jp/

早稲田塾のサイトで、卒業生として竹内美宥ちゃんのインタビューが載っているのを見つけました。

かなり長いインタビューなのですが、特にこの中の「将来の<夢>」という部分を読むと、この卒業発表に至った深い理由が分かるような気がします。

アイドルグループ所属をキッカケに「表現者」が夢に。慶應SFCに現役合格!

(ここまで略)

将来の<夢>
音楽、演劇やメディアも。
“表現”に関わる研究をしたい

将来の夢は、“表現者”。大学では、作曲法やコンピュータミュージック、映画研究など、表現に関わるあらゆる授業で学びたい。特に興味があるのは、インタラクティブアートのような新しいメディア。

この分野に関心を持ったきっかけは、アイドルグループでの握手会でした。ファンの方の手の温もり、握る強さなどから、感情がひしひしと伝わってきたから。この感覚を、遠い場所にいる人にも届けられたら、遠く離れている家族や、カップルのためにもなるし、遠方や海外のファンとも交流が図れるようになる。SFCには、触感を通じたメディア研究に特化されている教授がいらっしゃるので、ぜひこの先生のゼミにも参加したいと思っています。将来的には、歌を通じた表現にも力を入れていきたい。グローバルに活躍していきたいので、言語も頑張らないと。引き続き仕事も頑張りたいし、免許もとりたい。一人暮らしもしたい(笑)。挑戦したいことだらけです。

(以下略)

出典:http://www.wasedajuku.com/

やりたいこと、そしてその理由も実に明確ですね・・・

「グローバルに活躍していきたいので、言語も頑張らないと」という部分は、Produce48の活動でその第一歩を踏み出せたということになるのではないでしょうか。

加えて、竹内美宥ちゃんは、DTM(Desk Top Music)の制作活動にも取り組んでいます。早稲田塾にいた頃に機材を買ったことから始めたのだとか。作品は、卒業発表の配信もここからという、YouTubeチャンネルのMIYUTUBEで視聴できます。

YouTubeで次々とDTM作品を発表するAKB48の竹内美宥さんが目指す夢

AKB48のチームBのメンバーである竹内美宥(Twitter:@take_miyu112)さん。慶應義塾大学(SFC)に通う傍ら、Logic Pro Xを使って作曲したり、楽曲を打ち込んだり、レコーディングもしている思い切りのDTMユーザーなんです。実際に制作した作品を竹内さん自らYouTubeに次々とアップしており、見てみるとどれもかなりいい出来。ちょっと昔の歌謡曲のカバーなどをいろいろ発表しているのもグッとくるところです。

(中略)

DTM機材を最初に買ったのは大学受験のため予備校に通っているときだった

--最初からコンデンサマイクだったんですね。

竹内:普段からレコーディング現場は見ているので、やはりコンデンサマイクがいいなって、憧れがあって……。ものすごい高いんだろうと思っていたら、結構手ごろなものもあってビックリしました。これを使って自分の歌を録ってみると、とっても鮮明になるんですよね。当時、秋元康先生から「Google+を積極的に利用して、みんな個性を出していこう!」って言われていたんで、作った曲をGoogle+に投稿してみたら、みんなから「面白い!」って反響をもらい、とっても嬉しかったんですよ。その時は打ち込みというわけではなく、単純にキーボードでの弾き語りだったんですが、これはいろいろな可能性がありそう、って思いました。

--それが高校2年生くらいですか?

竹内:そうです。当時YouTubeを見ても、自分でそうした歌を発表しているケースはあまりなかったので、やってみたら面白そう、と思ったんです。ただAKBのメンバーの活動は、基本的にちゃんと許可を得ないとダメ。でも、自分の趣味の延長線上ということで、怒られることを覚悟してYouTubeに載せてみたところ、秋元先生から「面白いことやってるね」っておっしゃっていただけて!それで、今も続けているんですよ。2~3か月に1本くらいのペースなんですが、できれば1週間に1本くらいのペースに上げてみたいな、って。

--どれも、すごく完成度高いなと思って見てましたが、いろんな人が手伝ってくれているわけですか?

竹内:全部ひとりでやってますよ。やはり叔父の影響で一眼レフで写真を撮ったりするのですが、そのカメラを使って動画も撮影しています。もっとも安い三脚にカメラを乗せて自宅で撮っているだけですけどね。

(中略)

--番組中もそうでしたが、竹内さんが本当に楽しみながらDTMをしているのが、とっても分かります!

今後DTMを使って、どんなことをしていきたいですか?

竹内:私は音楽をキッカケにしてAKBに入りました。そして井上ヨシマサさんの「10年桜」という曲に衝撃を受け、AKBの音楽をとってもリスペクトしているんです。いつかは自分の作った曲をAKBとして歌えたらいいですが、さすがにそれはまだ夢の夢。そんな中、もしかしたら行けるかも……と、今思っているのがアレンジです。AKBの楽曲の中には、あまり知られていない昔のめちゃくちゃいい曲がたくさんあるので、こうした曲をアレンジして、YouTubeでもいくつか発表しました。が、ただカバーしてYouTubeで発表するだけじゃなく、自分のアレンジでAKBのコンサートができたら……なんて考えているんです。もちろん、そんなに簡単なことでではありませんが、自分のアレンジでコンサートをするというのを目標に頑張ってみたいな、それがもしできたら最高ですよね!

出典:http://www.dtmstation.com/

卒業公演で、あるいは「AKB48SHOW!」あたりで、この夢が叶えられるといいですね。

スポンサーリンク

まとめ

出典:https://lh3.googleusercontent.com/

竹内美宥ちゃん、個人的には特に推しという訳ではなかったのですが、層の厚い9期生の中でも以前からちょっと気になる存在でした。

理由として、「やり切った」と、翌日の「ON8」でも「オールナイトニッポン」でも言っていましたが、今回取り上げたような記事を見ていて、本当にやり切ったんだな~という感じがしました。

いつの日か、本格的にグローバルな活動に取り組む「表現者」になったところを是非見てみたいと思います。

出典:http://www.asahicom.jp/

スポンサーリンク

この記事も読まれています

占いに興味がある人に朗報です。

あなたは、「電話占い」を知っていますか?

わざわざ、遠い「占いの館」に行かなくても、有名な占い師に直接電話で占ってもらうことができます。

担当する占い師は採用率9%という、厳しい基準をクリアした占い師のみが在籍しているので、安心して利用することができます。

TVやラジオなど多数のメディアへの出演実績のある、厳選された占い師のプロフィールをまずはご覧ください。

今なら、初めて利用の方には「無料鑑定サービス」も実施しているので、お試し感覚で恋愛や結婚、仕事など、占ってもらいましょう。

最初の無料占いの結果が、「ちょっと違うな」と感じたら、以降は利用しなければ良いですしね!

占い師のプロフィールを見てみる