クリックすると新しいウィンドウで開きます

 

沖海4甘デジ

良かったところはミドルスペックと同じ演出で楽しめるので面白いところと、海シリーズ全てに言えますがスピードが早くたくさん回せるので時間効率がよいところです。悪いところは個人的な感想になりますが電チュースルーが他の海シリーズに比べてきついという印象で、しっかり電チュー周辺の釘をチェックしないとST中や時短中にかなり玉減りしてしまいます。あとは16ラウンド割合が5%に対して出玉が1200発程度です。沖海3の甘デジは16ラウンドを獲得すれば2000発近く出玉を得られたのを考えるとちょっと物足りないため、1発で大量出玉を得たりすることがないです。でも総合的に考えると時間効率もいいので楽しい機種になります。

カイジ沼3

まず、相変わらずの辛口なスペックですが、
今回のカイジは私なりには、リーチが全て沼(クルーン)で展開。
シンプルすぎですが長々とリーチを見せられるよりはよほど良いと思います。

特に実写のクルーンはなかなかハラハラして楽しいです。
演出面では保留変化が割とあり、緑でも多少期待を持てるのも良い所だと思います。

逆に疑似連ガセが多いのと、やはり確変当たりを拾うのがなかなか難しいしです。

やはりカイジといえば、イチゴ柄ですね。
出てきたら期待マックスになります。
他にもアヒルやキレパンダなど出てくるので
結構面白いです。

欲を言えばSTスペックで出してもらいたかったです。

今までプレミアを見た事がないので、
しばらく打ち込んで見てみたいです。

 

パチスロ アナザーゴットポセイドン ~海皇の参戦~

今までのゴッドシリーズに比べて、G-ROADというボーナスが加わったことで、ゲーム全体の当たりが軽く感じられ、コイン持ちがよく気軽に遊べるように感じます。ART中に「盾」をためることで最終ゲームのアトランティスゾーンでの期待が持て、一気にコインを増やすことも可能になります。ゲーム性で言うならシリーズ中で一番遊びやすいです。しかしながら、1ゲームに関する純増が2.0枚と抑えられているため、出玉感が薄れてしまい、GODを引いてもそれほど強力なトリガーにはならなくなったのが残念です。とにかくART中にたくさん「盾」を集め、次ゲームに繋げていくことが重要となります。シリーズを追うごとにプレイ中の画面がうるさく派手になっていくのは仕方ないですが、気軽に遊べ期待もそれなりに持てるので、良い機械です。

 

CRAギンギラパラダイス情熱カーニバル強99バージョン

この機種はSANYOの海シリーズの元祖の後継機です。大当たり確率は打ちやすい99.9分の1でST50回転の回数切りの確変付きの機種です。16R大当たりが確変になりますが、この確変の割合はわずか8%です。しかし通常大当たりの終了後にある時短50回転で当たればSTに突入します。さらにこのST中の16R大当たりは割合が20%にも高まります。要するに連チャンモードになれば爆発的に出玉が増えるのです。逆に言うと単発ばかりで、たとえSTに入っても抜けるようだと苦戦となります。試算してみたところ1回の初当たりで2.7回分の大当たりが期待できるようです。これは通常のST機をかなり上回る数字です。実践でも6連チャン、7連チャン、8連チャンなどは決して珍しくありません。さあ爆発期待で次も頑張ります。

 

CRパトラッシュJ RED

CRパトラッシュJ REDはちょっと古め(去年)ですが、最近新台として近所のホールに入りました。兎に角、ほとんどゲーム性が以前と変わらないために、熱いリーチやまち処が分かりやすいし期待できるポイントがはっきりしています。
安心感とそれから疑似連の見せ方が分かりやすいのと、パトラッシュというだけでなんだか打ちたくなります。
いいところは、100%STという事で、多くの台のように50%だったりそれ以上の関門を通り抜けてのSTというわけじゃない点がとても良い。結構、弱いリーチでもドキドキできたり突然レインボーになったり一発告知のパトが鳴ったり等が魅力的です。
ただ、以前より連荘率が確実に下がっているというかST回数に比べて確変時の確率が低いのが玉に瑕かな。

 

エウレカセブンAO

感想1

アニメが好きなので、液晶が綺麗、キャラのデザインもしっかりしているのがまず良いと感じました。
他には、天井が浅いのとボーナス間なところが通常時の退屈なところを減らしてくれている気がしました。
ですが、何と言ってもクオーツアクティベートチャンスからの爆発感が凄まじいと思います。
爆乗せしても退屈なだけ、作業になってしまうと言う方もいますが、自分は豊富なナビボイスや、多彩な演出により1000Gほど乗せましたが退屈ではありませんでした。
悪いと感じた部分はカノンバトルだと思います。
あれを引くたびにいつもそれだったらクオーツアクティベートチャンスの方が良かったと感じてしまうのが少し残念です。
それでも僕はスペックも甘く、爆発力もあるので良い台だと思います。

感想2

良かったところは、チャンスゾーンが減産式で小役それぞれの役割に個性があるところ、同じ小役でもバトルの時と捜索の時で役割だ異なって楽しい。
通常時も当たり確率が最近のだいより高いので比較的遊べるとも言えるのが長所。
短所はART中はほとんど上乗せが期待できないところ、QACの初期ゲーム数で全部決まって楽しみが感じない、QACもほとんど上乗せなくて、20000ゲームに一回多いのがくるのを待つゲーム性はたまにしか打たない人にとっては苦痛。
あえてフォローするならチャンスゾーンの引き戻しが結構あるのでまだ終わっても打てる所。
あとQAC以外の特化ゾーンに期待が、ない。カノンゾーンも流行りに乗せただけでほとんど上乗せしないのはきつい。
短所ばかりいったけど新基準としては点数は高い台。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?感想をいただけると嬉しいです。