出典:http://a33773377.com/

台の名称 CR北斗の拳7
転生 FC
メーカー サミー
仕様 確変ループ
導入日 2017年4月17日
導入予定台数 約70,000台

パチンコ北斗の拳シリーズの第7弾!

スペックは非常にシンプルな確変ループ。大当たり確率は1/319で確変割合は65%!右打ち中はバトル勝利(確変継続)時は全て2400個という1撃の出玉に重きを置いたタイプ。

確変中は伝統のバトルモードを継承&進化。

盤面を破壊する「百裂VISION」や七星ギミックが出現する「拳王軍エンブレム」、筐体上部にはロゴの奥に隠れた7.8インチ液晶がメイン液晶と一体化して演出を盛り上げる!

感想1

これまでの北斗の拳シリーズの台の型にはまらない演出が多いところが魅力の1つです。

特に確変中のバトル演出はこれまでのシリーズでは基本的に、1人の敵に勝つか負けるかのバトルであったところが、今回の作品では4回バトルがありその内1度でも勝利すれば大当たりという内容です。

またバトルに勝利し確変大当たりとなれば出玉を2400発も得られる点が大変魅力的です。

少し気になる点としましては、確変継続率が65%というところです。

これまでの北斗の拳シリーズでは確変継続率は80%程度あったと思うのですが、それに比べると少々寂しい印象です。実際に実機を打ってみると、3回から4回継続すれば良いところで単発で終わる事も多くあります。

確変継続率は低いのですが、確変大当たりでは2400発の出玉を得る事ができ、数回の確変継続で1万発程度の出玉を得る事ができますので魅力的な台である事は間違いないと思います。

感想2

■全体として
おすすめに書きましたが、あくまで、釘の調整が良好なら打ってもいいかも・・・というレベルです。
とにかく通常を引くと出玉的にも精神的にもきつい。
演出面は北斗無双に比べると大分良いと思いますが、バトル演出が今までのシリーズと変わってしまい、
今までのが好きな人からは不評かもしれません。
ただ、選択キャラクターでレイが選択できるので、そこは良いです。

■良いところ
バトルの選択キャラクターでレイが選択できる。
演出面は北斗無双に比べて大分見ていられる。

■悪いところ
通常を引くともうどうしょうもない感が強い。
電サポ中に通常を再度引くことも良くあり、その時はとても微妙な気持ちになる。

■とても悪いところ
普通のアタッカーになってしまった