ジャニーズでは『結婚は1グループに1人』という噂が昔からありました。

 

SMAPは木村拓哉

 

TOKIOは山口達也

 

V6の井ノ原快彦

 

アイドルのまま結婚適齢期を迎えたグループでは、不思議と結婚するメンバーは1人に限られていました。

 

これがジャニーズの暗黙の了解であると。

 

どうしても結婚したい場合は、KAT-TUNの赤西仁のように出来ちゃった婚もしくはグループから脱退など、かなりのリスクを背負う必要がありました。

 

で、今回国分太一が結婚を発表したことによって、ファンよりも芸能関係者に衝撃が走ったようです。

スポンサーリンク

 

ジャニー喜多川社長の考えとは?

国分太一の結婚発表で、ジャニー喜多川社長のジャニーズの結婚観についてと思われる貴重な発言をしています。

 

「遠慮なく適齢期になったら結婚すべきです。将来、(未来を担う)子供も必要だしね。人として当然のこと」

 

「結婚は結婚として、本人は(自分を)認めながら信じながら、結婚するんじゃないですか。それは当たり前のことです。我々は応援するだけ」

 

ただ、「立場上奨励するわけにはいかないけど」とも語っています。

 

どないやねん。。。

 

ちなみに、一連のジャニー喜多川社長の発言を聞いた国分太一は「ジャニーさんがそういうと思わなかったので、驚いた」と語っています。

 

やはり、ジャニーズのタレントは恋愛はそこそこ寛容だが、結婚となると話が違ってくるんでしょうね。。。

 

images (9)

スポンサーリンク

まとめ

国分太一の結婚で一番驚いたのが41歳ということ。

 

いつの間に年を取ったんだ。。

 

てか、これは適齢期過ぎまくりじゃないですか?

 

相手の女性も30代後半とのことで、高齢出産待ったなしの状況です。。。

 

また、今後のジャニーズのタレントの結婚は所謂「国分基準」が判断材料になるかもしれませんね。

 

てことは、40歳までは結婚出来たいということか。。。

スポンサーリンク

松潤と井上真央の二人はどうなることやら、、、

 

まぁグループに一人のルールだと嵐はまだいませんからね。

 

早いもの勝ちかもしれません。