昨年12月末から現在、活動休止中の兒玉遥ちゃん。

昨年は春頃にも2か月、体調不良で活動を休止していたこともあり、今後の活動がどうなるのか気になるところです。

スポンサーリンク

活動休止

出典:http://intervaluesa.com/

まずは、活動休止に至った経緯を振り返ってみようと思います。

HKT48兒玉遥が活動休止 一時復帰も本格的に療養「何度も何度も悩みました」

アイドルグループ・HKT48の兒玉遥(21)が、しばらくの間グループの活動を休止することが27日、明らかになった。グループの公式サイトや自身のSNSで発表された。

公式サイトでは「以前から体調不良が続いており、一部の活動をお休みさせていただいておりましたが、このたび、HKT48の活動をしばらくの間休止し、本格的に療養に専念することといたしました」と報告。活動休止の期間については「復帰のめどが立ち次第、改めてご報告申し上げます」とした。

兒玉も自身のSNSで「しばらくの間活動をお休みさせていただきます。自分の中で一生懸命頑張ろうと意気込み、活動に取り組む中で今まで通りの調子が掴めず、病院の先生と話し合った結果休養することになりました」と説明した。

兒玉は今年2月頃から体調不良のためイベント欠席などが続き、同月25日から始まった関東ツアー(7ヶ所12公演)も休演。4月14日に東京・NHKホールで行われたファイナルでステージ復帰していた。

HKT48は初のアルバム『092』が27日に発売されたばかりとあり、兒玉は「HKT48にとって一番大事な時、更にアイドルとしてこういった決断をするべきか何度も何度も悩みました」と葛藤。それでも「このままでは自分自身が苦しくて周りの方々にも心配を掛け、今まで通りの活動が出来ないと思ったので療養に専念させていただきます。早く元気になって皆さんに会えるように頑張ります」とファンにメッセージを送った。

出典:https://www.oricon.co.jp/

最近、AKB48グループのみならず、アイドル全体の傾向として、このような活動休止、さらには卒業というような話題が出ることが多くなってきていますので、アイドルの仕事というのはやはりなかなか過酷なものであるということを我々は十分認識しないといけないのかも知れません。

スポンサーリンク

顔の比較画像

出典:http://ord.yahoo.co.jp/

出典:http://galtore.net/

兒玉遥ちゃんといえば、デビュー当時から現在に至るまでの過程で、かなり顔が変わってきている印象があります。

手始めに「エケペディア」の「ギャラリー」に並んでいる画像からも、その印象の通りなのですが、ネット上には時期ごとの顔の画像を比較した記事がかなり多くあります。

例えば、上の2つの画像は、「HKT兒玉遥の顔は整形!?鼻・口・目・顎を過去と現在の画像で比較検証!」に掲載されていたものです。そこにも書かれているように、顔の中でも特に目立つ部分が変化していることが実感されます。

勿論、年齢的な意味で変化が大きい時期であったということもあるのでしょうが、このような画像を見てしまうと、どうもそれだけではないような気がしてしまいます。

有名人はこのように証拠的な画像が多くあって、後々検証されてしまうというところ、大変ですね・・・

まとめ

出典:https://3.bp.blogspot.com/

活動休止中で、ネット上でも整形前後の顔画像の比較などというようなものが多くなってしまっている兒玉遥ちゃん。

しかし、2月2日付で明るいニュースが2件、入ってきてもいます。
1つは、来月発売される「マツ係長は女ヲタ」第1巻の帯を兒玉遥ちゃんが書いているということ、もう1つは昨年12月に発売されたHKT48のアルバム「092」の特典映像の短編映画の48本のうち、19本が「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2018」の「ゆうばりチョイス部門」で上映されることが決まり、その1本が兒玉遥ちゃん主演の「トチカコッケ」であることです。

マツ係長は女ヲタ
コミックス第1巻 2018年3月7日発売予定!

(※告知漫画が載っています)

出典:http://seiga.nicovideo.jp/

「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2018」にHKT48の短編映画19本が選出!

北海道夕張市で3月15日から3月18日にわたって開催される「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2018」で、昨年12月にリリースされたHKT48の1stアルバム「092」に特典映像として収められた48本の短編映画「東映 presents HKT48×48人の映画監督たち」の中から、19作品が上映されます。

今回19作品が上映されるのは「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2018」の「ゆうばりチョイス部門」で、”映画祭がお勧めするファンタスティックな作品をカテゴリーに分けて“上映。

「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」の歴史の中でも、同一グループで19作品の短編映画が上映されるのは史上初めてとなります。

出典:https://www.universal-music.co.jp/

復帰までにはまだかなり時間がかかりそうですが、このあたりを楽しみにして、見守っていくことにしましょう。

スポンサーリンク