芸能界ではある特定の時期にスターが集中する現象がよく見られますが、AKB48では、9期がその1つといえるでしょう。

今回は、先日の9期生公演で久々にAKB48劇場に里帰りを果たしたり、かつてのSDN48を彷彿とさせるSKE48のミッドナイト公演で注目を集めたり、プロゴルファーの押しかけ弟子になったり、はたまたTwitterで流出と噂されているスキャンダルがあったり・・・など、最近なにかと見どころの多い山内鈴蘭ちゃんについて書いてみようと思います。

スポンサーリンク

「かわいい押しかけ弟子」

出典:https://geinou-news.jp/

山内鈴蘭ちゃんといえば、まずは「ゴルフ」のイメージがあります。先程検索していたら、こんな記事が。

パーゴルフプラス

小平智 かわいい押しかけ弟子にパットの極意を伝授

三井住友VISA太平洋マスターズのプロアマ戦終了後、練習グリーンでパッティングの練習を始めようとしていた小平智のところへ、ある人物が近寄ってきた。プロアマ戦では小平夫人である古閑美保と同組でラウンドしていたSKE48の山内鈴蘭さんだ。

「パッティングを教えてください!」

いきなりの申し出に一瞬驚いた顔をした小平だが、美保夫人から小平に教えてもらえば、といわれたとのこと。早速、ストロークをチェックして、アドバイスする。

「パッティングで大切なのはフォローとリズム。目標に向かって真っすぐヘッドを出してみましょう」

すると、面白いようにボールはカップに吸い込まれていく。「うわー、全部入るぅ。スタート前に教えてもらっておけばよかった」と、山内さん。

現在平均パット数ランキング第2位の小平だが、看板に偽りなしだった。

出典:http://www.pargolf.co.jp/special/117306

・・・「押しかけ弟子」というフレーズがなんとも面白いですね。

かつてはAKB48屈指の「釣り師」として高名だっただけに、このように相手の懐にすんなり入りこめるという特技はいまでも健在、さすがです。
こういうところがファン心理をくすぐるのでしょう。

この人懐っこさが別の形で出てしまったスキャンダルもありました。
今年、総選挙直前の5月の『週刊新潮』で「SKE48山内鈴蘭と元ジャニーズJr.新垣佑斗の恋愛写真が流出中」という記事で報じられました。Twitterを通して流出したようなのですが、そのせいか、今年は圏外に・・・

スポンサーリンク

Twitterでついに・・・

出典:http://akb48i.net/

SKE48移籍後の2014年4月24日から始まったTwitter。時にスキャンダル並みの物議を醸すこともあるようですが、始まりはこんなツイートからでした。

初めまして!!SKE48 teamSになりました、らんらんこと山内鈴蘭です(*´∀`*)/SKEになると言うことでこのタイミングでずっとやりたかったTwitterを始めました
たくさんツイートしていきたいと思いますのでよろしくお願いしまあぁあーす

出典:https://twitter.com/suzuranchan1208/status/459317700775264256

それから3年半、今年の11月8日ではついにTwitterのフォロワーが20万人となったということで・・・

わっ!気づいたらフォロワーさん20万人に いつもありがとうございます                   これからも可愛い写真載せていくので楽しみにしててね

出典:https://twitter.com/suzuranchan1208/status/928522341721653250

どうやら、ツイートしたいというよりも、写真を載せたいということの方が強くなってきたようです・・・

まとめ

出典:http://livedoor.blogimg.jp/

11月3日の「山内鈴蘭オフィシャルブログ」に、9期生公演を終えての心境が綴られていますが、次のあたりが特に印象に残ります。

いまはSKEとして活動してる中で
AKBのメンバーにはない何かをSKEとしての自分がこのAKB劇場で見せつけてやるぞ!!

って気持ちでもやらせてもらったけど
どこかAKB時代の自分を思い出したりして、
なんだかSKEの良さに気づけたのも
SKEのわたしがすきになれたのも
AKB時代の私がいたからなんだ

ってとても感謝した。

もちろん、気持ちはSKEだよ。

出典:http://www2.ske48.co.jp/

移籍はスキャンダルが理由という見方もありますが、もしそうならとっくに退いているでしょう。
ここで述べられていることは偽らざる本心のように思えます。

スキャンダルもありましたが、数少なくなりつつある9期生の1人として、山内鈴蘭ちゃんには是非この9期の灯を守り続けていってもらいたいものです。

出典:https://lh4.googleusercontent.com/

スポンサーリンク