今回は、AKB48の「モデル担当」として知られる、加藤玲奈ちゃんについて書きます。

20歳になった今年、ファッションブランド「UNEEDNOW」のビジュアルメンバーとしての活動や、「Mama&Son」という事務所への移籍など、注目の動きが続いています。また、「AKB48のオールナイトニッポン」には先週、今週と2週連続で出演したりなどもしています。これでAKB48総選挙の順位が21位にとどまっているのが不思議なところですが(ちなみに、順位は毎年上がってます)・・・

加藤玲奈ちゃんといえば、もう1つの総選挙、「れなっち総選挙」があまりにも有名なので、今回はこちらに注目してみましょう。

スポンサーリンク

「れなっち総選挙」第1回

出典:http://bokiini.com/

2015年の順位は次の通りです。
—————————-
1位   田中菜津美
2位   田野優花
3位   大島涼花
4位   山本彩
5位   島崎遥香
6位   加藤玲奈
7位   佐藤七海
8位   向井地美音
9位   佐藤すみれ
10位  前田亜美
11位  松岡菜摘
12位  白間美瑠
13位  入山杏奈
14位  神志那結衣
15位  村重杏奈
16位  茂木忍
—————————-

6位「加藤玲奈」?なんと自分自身を入れてしまうというお手盛りが・・・こういうところにお茶目な性格が出ていますね。
この選抜メンバーは、「れなっち総選挙選抜」として、シングル「唇にBe My Baby」のカップリング曲「マドンナの選択」をリリースしました。

このときには、スポニチアネックスでも取り上げられ、関係者のコメントもある、かなり長めの記事になりました。一部引用してみます。

おっとりキャラで異色企画 加藤玲奈の「れなっち総選挙」に注目

AKB48の「れなっち総選挙」が着々と進行している。恒例の選抜総選挙は6月18日に指原莉乃(23)の連覇で終了したが、こちらはファン投票ではなく“れなっち”こと加藤玲奈(19)が独断で選抜を決めてしまう異色の企画だ。

(中略)

関係者は「このイベントを成立させているのは、れなっちのキャラクターだろう」と指摘。「自分勝手に選抜を決めてしまうのだから場合によっては角が立つところだが、加藤の場合、そのキュートさ、おっとりとした性格ゆえに反感を買いにくい。昨年、ご褒美の約束がないにもかかわらず、125人ものメンバーがこの選挙に立候補したところにも、グループ内でのれなっち人気が表れている」と話す。

(中略)

世代間競争では、その控えめな性格もあって後れを取っている印象もあるが、存在感では決して引けを取らない。

出典:スポニチアネックス
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/07/30/kiji/K20160730013063170.html

ここでは、「おっとりとした性格」、「控えめな性格」とあるのですが、後で見るように第1回で1位にした田中菜津美ちゃんを第2回で16位に下げてしまったり(このときにはLINEでフォローはしていたようです)、写真集でのメンバーのページ配分を撮影の出来で決めたりといった「鬼プロデューサー」のエピソード(このあたりは「週刊プレイボーイ」の「よんぱち+」に載っています)からは、情にほだされない冷徹な性格も感じられますよね。

スポンサーリンク

「れなっち総選挙」第2回

出典:http://livedoor.blogimg.jp/

2016年の順位は次の通りです。
—————————-
1位   小栗有以
2位   市川美織
3位   田野優花
4位   向井地美音
5位   松岡はな
6位   佐藤すみれ
7位   長久玲奈
8位   茂木忍
9位   小嶋菜月
10位  木﨑ゆりあ
11位  山口真帆
12位  大島涼花
13位  高木由麻奈
14位  岡田彩花
15位  中井りか
16位  田中菜津美
—————————-
かなり入れ替わった順位になっていますね。

「れなっち総選挙選抜」のメンバーには、「レナッチーズ」という名称がつき、シングル「ハイテンション」のカップリング曲「ハッピーエンド」の他、「AKB48れなっち総選挙選抜写真集 16colors」を出したりなどもしており、活躍の場が広がっています。

まとめ

出典:http://livedoor.4.blogimg.jp/

これまで2回開催されてきた「れなっち総選挙」、今年も開催が決定しました!

「今年のテーマは劇団!!」とあるように、今年は舞台オーディション形式になる模様で、「本当のオーディションよ」と、今週の「AKB48のオールナイトニッポン超直前スペシャル」でも言っていました。これからも続く毎年恒例の行事になるかも知れません。

24日にはじゃんけん大会もあります。「れなっつん」がどうなるかも、注目することとしましょう。

出典:https://lh6.googleusercontent.com/