今回は「意外にマンゴー」も好調のSKE48のメンバーに注目してみようと思います。SKE48オフィシャルブログで、次のようにこの曲のアピールをしていた、チームKIIリーダーの大場美奈ちゃんです。

1年振りのシングル、
そして久しぶりの夏曲ということで
本当にSKE48一同嬉しいです!

とってもノリが良くて
爽やかなメロディーが特徴的な
”意外にマンゴー”

MVは水着( ´ω` )
みんなが大好きな水着です

出典:https://ameblo.jp/ske48official/entry-12294118725.html

この曲の、浜辺に水着姿のメンバーがずらっと並ぶジャケットの写真が印象的ですね。そもそも大場美奈ちゃん自身、雑誌のグラビアや表紙で見かけることも多く、今年3月の「浜ちゃんが!」では、同じジャパンミュージックエンターテインメント所属の阿部マリアちゃんとともに、グアムの浜辺で眩しい水着姿を披露してくれていたことも記憶に新しいところです。

スポンサーリンク

チーム4キャプテンのスキャンダル

出典:http://aikru.com/

もともとはAKB48の9期生で、総監督の横山由依ちゃんや、同じくSKE48に移籍となった山内鈴蘭ちゃんなど、多士済々なメンバーが同期です。
やがて、この中でいち早くチームKへの所属が決まった横山由依ちゃん以外のメンバーが中心となって結成された最初のチーム4のキャプテンに就任したのですが、それから間もない時期にスキャンダルが発覚してしまいました。この時期はグループ内で他にもこの手のスキャンダルが続々発覚していた時期でもありました。

このスキャンダルというのは、デビュー前の個人ブログの記事やプリクラが流出した、というものですが、他の同期の(元)メンバーのスキャンダルを検証する中で付随的に発覚してしまったのでした・・・

このスキャンダルが理由で謹慎となったのですが、この謹慎が明けて間もない2012年1月に公開された映画DOCUMENTARY of AKB48シリーズの第2弾「DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on  少女たちは傷つきながら、夢を見る」でも大きく取り上げられていました。

ノンフィクションの映画では、そこで取り上げられている出来事と映画の撮影時点との間でタイムラグがあるのが通例なのですが、この映画にはそのようなタイムラグが無いに等しく、テレビ的なこの撮って出し感がなんとも新鮮で、これがまた観客を映画に没入させる大きな要素になったように思います。

また、この映画ではその間キャプテンを代行していた同期の島田晴香ちゃんとのやりとり、そして謹慎明けのメンバーへの謝罪など、かなり緊張感のあるシーンが展開されていて、アイドルのドキュメンタリーとしてはなかなか衝撃的でした。

特に、島田晴香ちゃんの「復帰はうれしいけど、自分が不要な人間に感じちゃって…」というせりふには、スキャンダルを起こしてしまった同期のメンバーに対する複雑な心境が見え隠れして強く印象に残ったものです。

スポンサーリンク

検索したら・・・「避妊」?

出典:http://kura3.photozou.jp/

今回、大場美奈ちゃんについて検索していたら、「避妊」というワードが出てきていました。「避妊」というのは一体なんのことなのか・・・

どうも他のメンバーのスキャンダルもあわせて記されているサイトで、他のメンバーが友人から言われた発言の中にこの「避妊」というワードがあった、というのが実のところのようで、過去にスキャンダルがあったとはいえ、これが「避妊」と関わっているという訳ではない模様です。

まとめ

出典:http://image.dailynewsonline.jp/

スキャンダルからまもなく6年経ち、SKE48としての在籍期間がAKB48としての在籍期間を超えるほどになってきた大場美奈ちゃん。

『週刊プレイボーイ』に連載されているAKB48グループの4コマ漫画「よんぱち+」にも最近ちょこちょこ登場し、小畑優奈ちゃんのプロモーション方法をめぐって運営側に意見を述べたり、後輩にきちんと注意をしたり(といっても、どうやら背後にはAKB48グループでも最年長のささやき女将がいるらしい・・・)などといった様子が描かれています。

移籍の理由は異なるものの、スキャンダル発覚を経て、いまでは移籍先で後輩の育成に尽力しているところは、指原莉乃ちゃんにも通ずるところがあるのではないでしょうか。

SKE48の牽引役の1人として、大場美奈ちゃんのこれからのさらなる活躍に期待したいものです。

出典:https://www.jiji.com/

スポンサーリンク