2017811日(金・祝)、ロックの祭典「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017(以下、ロッキン)
に出演したももいろクローバーZ(以下、ももクロ)。

ロッキンでは、ももクロのファン(以下、モノノフ)以外のお客さんも
「ももクロの緑の歌がうまい!」などと評判が良かったのですが、
そんな有安杏果さんに不穏な噂が立っています。

イメージカラー緑の有安杏果さんが、メンバー内で仲間外れにされているという情報があったので、検証してみました
スポンサーリンク

プロフィール

出典:https://blog-imgs-112-origin.fc2.com/
氏名
有安杏果
ニックネーム
杏果、やっさん
生年月日
1995315
出身地
埼玉県(出生は京都府)
子役としても活躍していて、『ポンキッキーズ21』でシスターラビッツとして出演していたのは
比較的皆さんの記憶にも残っているのではないでしょうか。

出典:http://ameblo.jp/

無駄に新旧のシスターラビッツを並べてみました。
面影はありますよね。

また、『めちゃイケ』の出演や、EXILEのツアーやMVでも活躍しています。 
昔からダンス好きで、ダンスのうまさも定評があるのですが、 
最近はソロコンサートも頻繁にしていて、歌も評判がいいことがわかりますね。
スポンサーリンク

どうして?なにがきっかけなの?

出典:http://newsnavi15.up.n.seesaa.net/

2012年、有安杏果さんがこんな発言をしています。
「私、それまでメンバーとの間に微妙な壁を作ってたんですよ。」
「楽屋でキャッキャッ騒いだまま、ステージに向かっていく、みたいな。
それを見て『あっ、私はこのノリは苦手かも』って、決めつけちゃったんですよね、最初に。
だったら、楽屋では一歩、引いておこうって」

 他のメンバーから誘われ、輪の中に入った後はこんな発言に変わりました。 
「実際にみんなの輪の中に入ってみたら、全然、違った!本当に楽しいんだって」 
普段は一人でいたいタイプの有安杏果さんなので、
思い切って輪の中に入るのは容易なことではなかったと思います。 
誘ってくれたメンバーも、嫌いだったら誘わないはずですよね。 



出典:https://stat.ameba.jp/
以前、イメージカラー黄色の玉井詩織さんが
「杏果とは普段話さない」と発言したことから、不仲説も囁かされていました。 
これも、本当に不仲であれば、メディアに話さない事なのかなとも捉えられますよね。 

ももクロにはペア(二人組)の略し方がたくさんあります。
「ももたまい(赤+黄)」
「推されたい(緑+紫)」 
「あーりんやす(ピンク+緑)」 
「ももたかぎ(ピンク+紫)」 
「ももかなこ(緑+赤)」 
「あやかなこ(ピンク+赤)」 

ここで玉井詩織さん(黄)と有安杏果さん(緑)がないのも気になりますが、
単にゴロが悪かっただけなのかなとも思います。
スポンサーリンク

もも隠れって何?有安杏果の鉄板悲劇!

簡単に言いますと、有安杏果さんが見切れてしまう事ですw 
メンバーに被ってしまう事や、物に被ってちゃんと写れていない事ですね。 
プロなんだからそんなことないでしょ?!と思っていませんか? 
さぁ、ここで「もも隠れ」を見てみましょう!
見た方がわかりやすいので!


出典:http://livedoor.blogimg.jp/


出典:http://livedoor.blogimg.jp/

えーと…有安杏果さんどこにいらっしゃるのでしょうか…
ライブですよね…プロが撮っているのに奇跡の一枚を必ずやってしまう有安杏果さん!
これはもう、持っているとしか表現できませんw
だからといって、メンバーが隠しているわけでも、本人が隠れたがっているわけでもないのです。

まとめ


出典:http://livedoor.blogimg.jp/

有安杏果さんは、仲間外れにされているのではなく、
自ら一歩引いてメンバーのことを見ているようです。 
確かに、みんなでキャッキャしている時、積極的に加わるタイプではないのです。 

有安杏果さんが声が出なくてフリップ芸(スケッチブックに文字を書いて読んでもらったりしていました)をやっていた期間、
メンバーみんなでフォローし合っていました。 

出典:https://i.ytimg.com/

仲が悪いというわけではなく、他のメンバーより引っ込み思案なだけのようです。 

ももクロの快進撃はまだまだ続きます! 
各メンバーのソロコンサートに、ツアー、ももクリ、来年の予定も入ってきてますね! 
有安杏果さん含め、ももクロのメンバーのこれからを見守っていきましょう。
スポンサーリンク