毎年、9月1日は『防災の日』ということをみなさんご存じですか?

もうすぐですよね!

祝日ではないため、まだまだ馴染みがないですが全国各地でさまざまなイベントが開催されるそうです。

みなさんは、防災イベントに参加したことありますか?

防災の意識を高めるためにも、防災イベントに参加してみたいですよね。

そこで今回は、2017年に大阪で行われる防災イベントについてまとめました。

大阪には、全国的にもとても有名な防災イベントがあるそうですよ!

スポンサーリンク

『大阪880万人訓練』

『大阪880万人訓練』は、毎年開催されているイベントで、全国的に見てもとても大きなイベントのようです。

2017年は、9月5日(火)に開催されるそうです。

目的は、府民が様々な情報源から地震や津波発生情報を認識して、地震や津波が発生した時に行動出来るようにする事だそうです。

この『大阪880万人訓練』は、体験型のイベントではなく、大規模な防災のための訓練のような内容になっているそうです。

まず、事前に府民の人達には、『何月何日何時にどういう状況の災害』という訓練の内容が告知されます。

そして、開催の当日には実際の災害時と同じように、屋外にアナウンスを流したり、訓練用のエリアメールや緊急速報のメールが届くようになっているそうです。

2017年の『大阪880万人訓練』では、午前11時地震が発生して、午前11時03分頃に、大津波警報が発表される流れになっているようです。

南海トラフ巨大地震を想定した訓練だそうです。

ここまで大がかりな訓練は珍しいのではないでしょうか。

実際に災害が発生したしまった場合、パニックになって慌ててしまいそうですが、事前にここまで体験が出来れば、災害時にも落ち着いて対応することが出来ようですよね。

スポンサーリンク

オフィス防災  EXPO

開催日:2017年11月15日(水)~11月17日(金)

場所:インテックス大阪

オフィス防災EXPOとは、危機管理や災害対策の商談の専門展だそうです。

一般の人向けではなく、総務や防災担当者が来場する展示会です。

『地震対策製品』や、『備蓄品』、『非常用通信』をはじめとしたあらゆる災害対策の製品が出展して、企業や自治体、学校、病院などの防災の担当者と直接商談が出来る場所だそうです。

また、災害に関するセミナーも同時に開催されるそうですよ。

一般の人は入場出来ないようですが、どんな最新の防災関連の製品があるのか、見てみたいですよね。

『大阪市防災アプリ』

大阪市には、平成28年3月から災害時に的確で迅速な避難が出来るように支援し、避難に関する防災の知識を高めるために『大阪市防災アプリ』を提供しているそうです。

他の県や市でも、同じようなアプリを提供している所もあります。

スマートフォンの普及により、とても便利なアプリを利用する事が出来るようになり、情報の収集がしやすくなりなりましたね。

この『大阪支防災アプリ』を利用すれば、避難場所や避難ビル情報、浸水の想定図、災害の状況や注意する事など、避難すべきかどうかの判断するための情報などを入手する事が出来るそうです。

スポンサーリンク

まとめ

出典:https://matome.naver.jp

2017年に大阪で行われる防災イベントのまとめはいかがでしたでしょうか?

毎年ニュースなどで取り扱われる事もあるので、『大阪880万人訓練』を知っていた人もいるのではないでしょうか。

毎年全国各地で、さまざまな防災イベントが行われているそうですが、とても大がかりなイベントですよね。

災害が発生してしまった時に、被害を最小限にするためには、一人ひとりが慌てずに適切な行動をする事がとても大切です。

そのために、災害についての関心をもって、万が一の時に慌てずに落ち着いて行動出来るように、日頃から災害についての意識を高めていきたいですね。

防災のイベントに参加することで、意識を高められるかもしれませんね。

自分自身以外に災害が起きてしまった時、被災地では多くの手助けが必要な状態になってしまいます。

ボランティアとして活躍出来るかもしれません。

助け合いの気持ちを大切にして、困っている人や苦しんでいる人たちの少しでも役に立てるような事が出来たら良いなと、あらためて考えました。

スポンサーリンク