ディズニーリゾートでは乗り物などのアトラクションも楽しみですが、それよりもメインはやっぱりパレードですよね。

音楽に合わせてディズニーキャラクターたちが登場すると子供も大人も一気にテンションがアップします。

キャラクターたちと一緒にパレードを盛り上げてくれているのが外国人のダンサーの皆さんです。

シンデレラやアリエル、ベル、オーロラ姫などのプリンセスたちも手を振ってくれます。

ところでディズニーのパレードに出演している外国人の皆さんは、一体どこからやってくるのでしょうか?

ここでは外国人の採用方法と日本人ダンサーの採用方法についてお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

パレードに出演の外国人は一体どこから?(採用方法ついて)

出典:http://entertainer.olc.co.jp/

ディズニーリゾートを運営するオリエンタルランドでは年間を通じてキャストの採用は行っていますが、パレードに出演する外国人専用の採用は行っていないようです。

では、パレードやショーでダンスをしている外国人は一体どこからやってくるのでしょう。

アメリカのカリフォルニアに世界で初めてディズニーランドができました。もちろんウォルトディズニーが構想を練って築きあげたパークです。いわばディズニーランドの起源ですよね。

そのカリフォルニアのディズニーランドで活躍しているエンターテイナーがディズニーランドに派遣されているそうなのです。

すらりとした立ち姿で、もちろん美男美女ばかりです。アメリカで採用され、現地でレッスンを受けたエリート集団なのです。笑顔も最高に素敵ですよね。日本人とはまた違う美しさが感じられます。

各ディズニーランドで1からレッスンをするよりもアメリカで一括して管理して派遣する方が確かに効率はよさそうですよね。

スポンサーリンク

エンターテイナーの採用情報

出典:http://entertainer.olc.co.jp/

ダンサーやジャズバレエ、キャラクターなどに出演するエンターテイナーの採用は、日本で行われています。採用人数は数十人程度の募集となっています。応募者はかなり多いと思われるので、かなりの倍率になることでしょう。

書類審査に通過すると、次にダンスの実技試験が行われます。オーディション会場で実際に審査員の前でダンスをする試験です。

この試験に合格すると次に2次審査としてもう一度ダンスの実技試験が行われます。同時に体力測定も実施します。パレードやショーに出演するには長時間のダンスパフォーマンスに耐えられるだけの体力が必要ですので、体力があるかどうかもチェックされるのですね。

どの応募者もダンスの技術力は高く、「ディズニーリゾートでダンサーになりたい」という意思が強い人ばかりなので審査も難しものだと思います。

2次審査に合格すると、いよいよ面接です。面接はこの日一度だけ行われます。

子供も大人も夢中になれるパレード。最高のエンターテイナーになれるように合格するとレッスンやリハーサルが繰り返し行われます。

そして晴れてデビューとなるのです。

パレードで大失敗!とならないように日々レッスンが行われているのです。だから私たちはいつも最高のパレードを楽しむことができるのですね。

ここの採用枠は日本人限定ではないので、もしかすると外国人の採用も行っているのかもしれませんね。18歳以上のダンス経験者であれば、応募することができるようになっています。

ちなみに採用時の時給は、1,100円です。私個人の感想では、パレードやショーに出ているぐらいなのでもう少しもらっているのかなと思っていました。一般的なコンビニなどのアルバイト時給よりは高いですが、エンターテイナーの仕事だけで生活するのにはちょっと無理がありそうですね。

ショーの内容やパークの運営時間によって勤務時間も3時間から7時間半と開きがあるようです。プライベートも充実させたいという方にとっては、最高の環境だとは思います。

まとめ

出典:http://www.olc.co.jp/

いつ見てもうっとりするプリンセスや王子さまの美しさ、いいですよね。大人もたまには非日常の世界でリフレッシュすることは必要です。

子供たちは「本物のシンデレラに会えた!」、「ミニーちゃんが手を振ってくれた!」と大喜び。

夢の国は、たくさんのスタッフと訪れたゲストによって守られていることを心に置いておきたいものですね。

 

記事の内容が「参考になった!」と言う方は、SNSアイコンに「いいね」登録をしていただけると励みになります。
最後まで読んでいただきありがとうございました。