ディズニーリゾートは夢の国。

大人も子どもも夢の国で最高に幸せな時間が過ごせますね。

そんな夢の国を陰で支えてくれているのがディズニーリゾートで働くキャストの方々です。

いつも笑顔で接してくれるキャストの方々にあこがれる子供たちも多いようです。

ここではディズニーリゾートで働くキャストの募集状況と面接についてお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

ディズニーリゾートで働くスタッフについて

出典:http://www.castingline.net/disney_jobs/

スタッフと一口に言っても、業務は実に様々です。

【接客】

アトラクションの運営スタッフ、インフォメーションスタッフ、パーク内の清掃、案内や誘導、お土産販売、パレードの誘導、チケット販売、飲食店での接客などなど。

【裏方】

迷子センター、落とし物係、アトラクションメンテナンス、キッチン調理、事務員、電話対応、ショーの衣装管理、駐車場誘導、看護師、ヘアメイクなどなど。

接客として直接お客様の対応をするキャストと、裏方として陰で支えるキャストも大勢いるのです。ご自身がどういう仕事をしたいのかを明確にしておく必要がありますね。

スポンサーリンク

キャストの募集状況と面接

出典:https://www.castingline.net/

ディズニーリゾートでは年間を通じてキャストを随時募集しています。

実際の条件などを見ていきましょう。

  • 勤務条件・・・週2日以上(一部の職種は週5日勤務)
  • 勤務時間・・・6時から24時までの間で5~7時間半
  • 給料・・・時給1000円から(各種手当加算あり。賞与あり。)
  • 待遇、特典・・・交通費支給(上限5万円)、社会保険完備、優待パスポート配布、コスチューム貸与、シャワーとロッカーを完備、従業員食堂完備など

キャストには様々な特典が用意されています。どの特典もキャストにとっては嬉しいものばかり。

一部を紹介してみると・・・

  • パスポート配布(トレーニングのために、パスポートがもらえます)
  • 従業員割引(キャストショップでは割引価格でグッズを買うことができます)
  • キャストプレビュー(新アトラクションを公開前に試すことができる)
  • 長時間勤務表彰制度(勤続年数に応じて表彰、ピンバッジなどの記念品贈呈)
  • 手話、英語、中国語、韓国語習得のための講座受講(認定基準に合格すればピンバッジもらえます)
  • 各種教育制度でスキルアップができる

どれもキャストのやる気を維持するためには嬉しいものばかり。さすが、ディズニーリゾートですね。従業員のことも大切に考えてくれていることがよくわかります。

アルバイトから社員になれるチャンスもあります。頑張っているキャストのことを表彰制度で認めてくれるシステムは、すごく嬉しいですよね。「何年も働いても時給もそのままで仕事内容も認めてもらえない」状況は従業員の士気を下げる最大の原因となるものです。頑張りを認めてもらえるからこそ仕事にやりがいを感じ、あのような素敵な笑顔でお客様の対応ができるのだと思います。

スポンサーリンク

キャストデビューまでの道のり

出典:http://www.castingline.net

  1. まずは採用専用ページから応募する
  2. 面接(履歴書不要、服装自由);面接会場で申込書記入、写真撮影、身体計測の後面接があります。
  3. 登録;面接に合格すると勤務条件や希望職種を登録
  4. 配役;登録条件に合う求人が出た場合に連絡が入る
  5. 入社;契約を結んだらキャストとしてデビューできるように訓練が始まります
  6. 導入研修;ディズニーの考え方などを学びます
  7. 配属;配属先の上司から今後のスケジュールなどを聞く
  8. トレーニング;配属先の仕事についてしっかりと学ぶ(4日程度)
  9. 実地研修;現場に出て上司の指導の下で学ぶ(4日程度)
  10. キャストとしてデビュー

このようにデビューまでにしっかりと基礎から応用まで学びます。キャストとしてパークに立つからにはプロ意識が必要なのです。お客様からどのような質問をされても答えられるような知識やコミュニケーション力も大事になってきます。

スポンサーリンク

まとめ

出典:http://www.tokyodisneyresort.jp

いつも笑顔で迎えてくれるキャストの皆さんのおかげで私たちは楽しい思い出を作ることができるのです。

キャストの皆さんは臨機応変に、対応ができる方が多いです。マニュアル通りの対応は夢の国では通用しないのですね。

これからキャストを目指す方、デビューまでの道のりは決して平坦ではないと思いますが、頑張ってくださいね。

そしていつかパークでお会いしましょう。

 

記事の内容が「参考になった!」と言う方は、SNSアイコンに「いいね」登録をしていただけると励みになります。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク