日本は大きな地震が多い国ですが、それだけでなく、津波も多い国です。なにしろ、英語でも津波ということばを「Tsunami」というように、日本語からとっているほどです。
もし大地震が沿岸部で発生したら、ほぼ確実に津波が来ます。大地震の後は津波と覚悟しておきましょう。

 

しかし、怖いのは、さほどの地震でもないのに、大きな津波が来ることがあるのです。ですから、小さな地震でも津波の心配をして、念のため高台に逃げるなどの対策をとっておくことが必要です。
クリックすると新しいウィンドウで開きます

 

出典:https://search.yahoo.co.jp/image
 
スポンサーリンク

一般的な津波対策

津波対策としては、高台に逃げるというだけでなく、ビルの上階に逃げるというのがよいでしょう。
少なくとも、地面の平らなところは危険です。まして地下などはもってのほかです。地下鉄のホームやデパートの地下の階にいたら、大至急地上や上階に逃げましょう。

 

ところで、地震を感じて津波対策として、高台に逃げようとしても、近くに山や高台もなければビルもないというとき、どうしたらよいでしょう。
まずは海岸から遠ざかることです。津波はすぐには来ませんが、上陸したら早いです。逃げ遅れないようにしたいものです。万一津波が襲ってきても、海岸から遠いなら、大分弱まっているかもしれません。

 

 

クリックすると新しいウィンドウで開きます
出典:https://search.yahoo.co.jp/image/

 

車で逃げるべきか

海岸から遠ざかるとき、車で逃げるべきかという問題もありますが、町中では渋滞となるため、返って逃げ遅れますから、徒歩で走って逃げる方がよいのです。ただしこれも、命がかかっていますから、状況を見て、臨機応変で対応するしかありません。

 

東日本大震災の教訓では、高台に逃げようとする車が多く、渋滞が各地に発生し、町中が非常に混乱していたという体験をされた方が多くあります。
町中ではなくても、高台に避難するには道が少なく、多くの車がわずかな高台への道に殺到して、大渋滞になってしまったそうです。
できれば車ではなく、自転車やバイクなどの方が渋滞の影響を受けずに、早く確実に避難できるでしょう。
 
スポンサーリンク

津波が到達したとき車に乗っていたら?

車で避難しているとき、津波が到達してしまい、車から脱出するタイミングを失ってしまったらどうなるでしょう。
東日本大震災ではそのような境遇になった方も多いようで、反省にもあがっています。

 

津波がきたとき、車の中が安全だと思ってしまうのですが、確かに最初のうちはそうかもしれません。津波は水だけでなく、たくさんの瓦礫が大量に押し寄せてくるので、それにはぶつかりたくないでしょう。車の中の方が安全に思うのはやむをえません。

 

とはいえ、車から出てしまえば、家の屋根やら電柱やら、何らかの高いところがあるのです。車から出てそこにしがみつきながら、次々と場所を変えたりして、より安全な場所へと移動していくことも可能ですし、車の中よりも安全と思われます。

 

車に取り残されてしまったら、最初は大きな混乱をさけたように思われますが、津波の激流のうずまくところへと車が次第に流されて、やがて非常に危険な場所へと移動し、そのうち大波が来たり、水をかぶったりしていると、突然、窓ガラスが割れ、車内が死の箱になってしまうのです。

 

逃げるタイミングを失ってはいけないのです。
車からはできるだけ早く出て、どこかの屋根や電柱やトラックの荷台の上などに上っていくのが命をまもるために必要なことです。

 

 

 

クリックすると新しいウィンドウで開きます
出典:https://search.yahoo.co.jp/image

スポンサーリンク

気持ちが大切

津波に襲われ、屋根などにしがみついているときは、津波が周りをとりまいていますから、かなり危険を感じて恐怖におびえ、より安全な場所へ移動するチャンスがあっても、怖がって移動すらできなくなってしまうことがあります。
そんなとき気持ちを強く持つことに役に立つのが、日頃からの水練かもしれません。水泳の練習をして、水を恐れないようにするのです。技量と体力が必要ではないでしょうか。

 

クロールはもとより、たくさんの役に立つ泳ぎ方法があります。
とくに、顔を水面から上げたままの平泳ぎとか横泳ぎですが、もう一つ役に立つのがエレメンタリーバックストロークというもので、仰向けの平泳ぎとでもいう泳ぎ方です。簡単で、着衣のままできて、疲れず、長距離も楽です。スピードは出ませんが、いつまでも水上にとどまることができます。

 

泳ぎに自信がつけば、津波も恐れず、より安全な場所へと移動できるでしょう。
 
スポンサーリンク