最近、話題のヒアリ。
始めは兵庫県の尼崎で数百匹と言っていたのが・・・どんどん拡大。
いろんな場所で見つかっていますね。
セアカゴケグモの時もすごい勢いで広がりました。
今回も、同じようにもっと広がるのでしょうか・・・。
ヒアリについて、ちょっと調べてみました。

スポンサーリンク

ヒアリ発見のニュース


出典:news7-web

相次ぐヒアリのニュースに冷静にならなきゃいけないですよね。

強い毒を持つ南米原産の特定外来生物「ヒアリ」が国内で初めて兵庫県尼崎市で確認されて以来、11日までに繁殖能力のある女王アリも含め4都府県6カ所で見つかり、各地で警戒を強めている。
台湾では、田んぼのあぜなどを好んで巣を作り、農家が刺される被害も相次ぐ。
農地で定着すれば、農作業に支障が出る懸念もある。

ヒアリは7月6日に東京港、10日に愛知県春日井市の倉庫で、名古屋港(飛島村)で陸揚げ後に運ばれたコンテナでも確認された。
内陸での発見に関係者は警戒している。
陸揚げしたコンテナは各地に運ばれるからだ。

さらに関係者が懸念するのは、女王アリの拡散だ。
一度に1000個以上を産卵し、巣を作れば一気に広がる恐れがある。
女王アリは尼崎市で2匹、大阪市ではコンテナヤードの舗装面の亀裂から1匹が確認された。

環境省は現段階でヒアリが日本に定着したとは考えていないが、台湾では鉄道などの交通網に沿って拡散した経過があり、今後発見される可能性は否定できない。

ヒアリは、専門家が顕微鏡を使って観察しなければ判断できないが、赤っぽくつやつやし、働きアリが2.5~6.5ミリと大きさにばらつきがあるという。
同省は「ヒアリと疑われる個体や巣を見つけても、踏んだり壊したりして刺激しないで」と呼び掛ける。

「殺人アリ」など過剰な報道があることに対し、同省野生生物課の植田明浩課長は「むやみに怖がらず、蜂と同程度の危険度と認識してもらいたい」と冷静な対処を呼び掛ける。

まだ日本に根付いたというわけではないのですが、台湾では一気に拡散したような報道もありました。
そう考えると怖いですね、日本にヒアリの天敵でもいればいいのですが・・・

スポンサーリンク

ヒアリの天敵って何?!


出典:新米サラリーマンのイエスマン脱却ブログ

こんなツイートが今、出回ってますよね。
だから、アリを見つけたからって、何かもわからず素人が殺虫剤まいて退治したりしたらダメ!だそうです。
あとは、日本のアリにがんばっていただきたいっ!

ノミバエ


出典:害虫駆除社

他にも、ノミバエという天敵がいるという情報がありました。

1930年代からヒアリが定着し、年間100人の死亡者が出る米国で、農務省農業研究局が対策に活用しているという。
なんとノミバエは腹部のトゲをヒアリに刺して200個ほどの卵を産み付け、孵化したウジ虫がヒアリの体液を栄養にグングン成長。
宿主であるヒアリを息絶えさせるというのだ。

わ・・・なんか想像するだけで怖い・・・というか、キモイ^^;;;
それにしても、アメリカで年間100人ものヒアリによる死者が出ていることも驚き!
こんなちっちゃい島国でそんな恐ろしいアリが定着したら、えらいこと。
ノミバエは気持ち悪いけど、少し対策のために放つというのも政府は考えるかもしれないですね。
しかし、ノミバエ自身も害虫でもあるので、定着させないのが一番です。

スポンサーリンク

ヒアリに刺されたら?

ヒアリに刺されたらどうなる?


出典:神戸新聞NEXT

ヒアリの毒への反応は人によって大きく異なり、軽度から重度まである=表。重度の場合、刺されて数分から数十分の間に声がかれ、息苦しさや激しい動悸、めまいなどを起こすことがあり、昏睡状態になって、生命の危険も伴う。
ヒアリの毒には、ハチの毒との共通成分があり、ハチ毒アレルギーを持つ人は特に注意が必要だ

今まで、ハチに刺されたりして、アレルギーを持っている人は、特に注意が必要ということだ。

ヒアリに刺されてしまったら?

20~30分程度、安静にし、体調の変化がないか注意する=表。
人によっては容体が急変することがあり、その場合は病院ですぐに治療が必要だ。
また、ヒアリを発見したときは、素手で触らないのが大事。
熱湯をかけて駆除する方法もあるが、まずは近畿地方環境事務所野生生物課や保健所、警察へ連絡をしてほしい

まずは安静!です。そして、症状が見られたら、すぐに病院へ。
素人にできることなんて、ありません!!!
命に関わる場合もあるので、迷わず病院へ連絡してください。

ヒアリは恐ろしい!とにかく用心を!

調べれば調べるほど、恐ろしいアリなのだということがわかりました。
つい最近は、こんなニュースもありましたね。

出典:ついっぷるトレンド

全国の港などで強い毒を持つヒアリが見つかっている現状に、日本相撲協会も関係者に注意を呼びかけた。

11日、支度部屋に名古屋場所担当部長の出羽海理事(元前頭小城ノ花)の名前で「ご注意」の文書が張り出された。
前日10日には内陸部では全国初となる愛知・春日井市内で1匹のヒアリが発見され、名古屋場所開催県の同県では弥富市でも確認されている。

裸足で移動される機会が多い力士も注意をしているとのこと。
夏になるとビーチサンダルなどでの移動も多くなりますが、
ヒアリが万が一いたら・・・ということも考えて、靴を履く、靴下を履くなど防備も必要かもですね。

スポンサーリンク

その他以下の記事もよく読まれています。

許すな重大犯罪!無期懲役者はいつ出てくるの?

ディズニーリゾートであまり知られていない重大な事故・事件とは?

関東大震災は、どのくらい凄い地震だったか調べたら想像以上に凄かったw

9.11の同時多発テロの決定的瞬間!そして真相に迫る!