ドラマにCMにと引っ張りだこな吉岡里帆さん。最近人気急上昇中です。

ここではそんな吉岡里帆さんの素顔に迫ってみたいと思います。

スポンサーリンク

吉岡里帆(よしおかりほ)さんの経歴

出典:http://www.vip-times.co.jp/

吉岡里帆さんは1993年1月15日生まれ。京都府京都市右京区太秦出身。事務所はエーチームに所属。血液型はB型。

京都の太秦には東映太秦映画村があり、時代劇の撮影が日々行われています。そんな環境で育った吉岡さんは、幼いころからお芝居の世界に自然と惹かれていったのでしょう。

芸能界へのあこがれは幼いころからあったものの、デビューは遅めでした。大学生の時は養成所に通いながらアルバイトもいくつか掛け持ちしていたとか。京都から東京へオーディションに向かうのはいつも夜行バスを利用していたそうです。いくつかオーディションを受けるものの最終選考で落とされたりすることも多かったようです。悔しい思いをした下積み時代が長かったからこそオーディションに合格したときはすごく嬉しかったことでしょう。

趣味の書道は何と8段の腕前だそうです。大学時代は書道家になることも夢見ていたそうですよ。

スポンサーリンク

吉岡里帆さんドラマ出演 過去作 評判

出典:http://zexy.net/

連続テレビ小説『あさが来た』(2015年度下半期NHK連続テレビ小説)

連続テレビ小説『あさが来た』への出演をきっかけに吉岡さんの名前が全国に知れ渡ることになります。吉岡さんが演じたのはヒロインあさ(波瑠)の娘千代(小芝風花)の友人である田村宜(のぶ)。放送期間平均視聴率は23.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯)となり、連続テレビ小説としては今世紀最高の視聴率を記録したそうです。

吉岡さんが演じた田村宜は印象的な丸メガネをかけ、自分のことを「僕」と呼ぶ一風変わったキャラクターだけれど、視聴者からは意外と高評価。特に男性視聴者にとっては「メガネ系ボクっ娘」として人気がありました。ひたむきに時にはコミカルに演じました。

 

ドラマ『ゆとりですがなにか』(2016年上半期日曜ドラマ)

大学生で教育実習生佐倉 悦子役として出演。自分にまっすぐだが、どこかふわふわと危なげな今どきの女子大生を見事に演じ切りました。

ドラマのタイトル「ゆとりですがなにか」もかなり衝撃的でした。いわゆるゆとり世代が社会人になってきた時代背景を投影していて話題になりました。

 
スポンサーリンク

ゼクシーCM(9代目)

2016年、ゼクシーCMの9代目花嫁として吉岡さんは出演されています。白いウエディングドレスに身を包み、すごく幸せそうです。

 

ドラマ『カルテット』(2017年放送)

ドラマカルテットではミステリアスな雰囲気を帯びた魔性の女で、常に笑顔だが目は笑っていないという怖さを兼ね備えた役どころを熱演しました。ライブレストラン「ノクターン」のアルバイト店員である来杉有朱(きすぎ ありす)役です。どこかミステリアスな雰囲気で取り巻く人々との間にも微妙な関係性を築き上げていく役どころで、視聴者戦慄の演技を魅せることも…。カルテット4人組と絡む重要な人物です。

 

ドラマ『ごめん、愛してる』(2017年日曜ドラマ現在放送中)

連続ドラマ初ヒロイン、三田凛華(みたりんか)役。三田は他人のために自己犠牲も厭わない純粋な性格で、愛情に満ちた女性です。スタイリストとして働いているので、そのファッションにも注目が高まっています。コーディネートの参考にもなりそうですね。

原作は韓国KBSドラマ「ごめん、愛してる」です。まだ見ていないという方は、先に見ておくのもいいかもしれませんね。

吉岡さんはインタビューで「連ドラのヒロインは初めてで、こんなに大きなチャンスが舞い込むことなんてそうないことなので、とにかく後悔したくなくて。役柄的には凜華はすごく後悔する役なんですが、でも私自身は凜華がちゃんと振り切ってそこで存在するように努力を惜しまないことと、あとは皆さんととにかくこの作品をやって良かったって思えるように、そんな作品になるように自分ができることは全部していこうと思ってます。それから『ごめん、愛してる』ってタイトルがすごく気に入ってるので、このタイトルが見てくださった人の脳裏にちゃんと残りますようにと祈っています。」とコメントされています。

(引用:http://www.tbs.co.jp/gomen_aishiteru/interview/

 

記事の内容が「参考になった!」と言う方は、SNSアイコンに「いいね」登録をしていただけると励みになります。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク