四季折々の季節が楽しめる日本

南北に長い日本は、その土地その土地で四季折々の味わい方があります。紅葉を見て楽しむというのも、その一つですよね。
まだ暑い日が続いていますが、2017年はいつ頃が紅葉の見頃になるのでしょうか。
関東には誰もが知っている有名な紅葉名所がたくさんありますので、秋頃の連休は紅葉を見たいなと思われている方は、関東をチェックされている方も少なくないのではないでしょうか。
そこで今回は関東圏に限定して、2017年の紅葉の見頃時期と紅葉スポットについて、ご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

2017年関東で紅葉が楽しめる見頃はいつ?

まずは例年の関東圏の見頃時期とはいつなのでしょうか。
例年通りであれば、栃木県の日光や那須高原などは10月上旬~中旬頃群馬県の尾瀬(草紅葉)だと少し早めの9月下旬~10月上旬頃のようです。

ちなみに東京都にある奥多摩湖であるとだいたい11月中旬頃、茨城県や埼玉県になると少し遅めで10月下旬~11月上旬が見頃とのこと。
神奈川県の箱根辺りは、もっと遅くて11月上旬頃といいます。

11月中旬以降になると千葉県の成田山公園が、東京都や神奈川県であれば12月中旬辺りまで見ることが出来るスポットもあるようですよ。

スポンサーリンク

関東圏の紅葉スポットと見頃時期

それではここで、関東圏の紅葉スポットを見頃時期順にご紹介してまいります。

日光(いろは坂)~栃木県

「日本の道100選」にも選ばれている「いろは坂」は、言わずと知れた紅葉の名所です。
ドライブしながら紅葉を楽しむこともできるので、家族や恋人同士、お友だちと気兼ねなく楽しむことができますね。
ただし観光名所のため渋滞になることも多いですので、その点を考慮して時間配分をするようにしてください。

●住所:栃木県日光市細尾町
●電話:0288-22-1525 日光市観光協会
●見頃:10月中旬~10月下旬
●アクセス方法:
・電車の場合:
明智平ならJR日光駅・東武日光線東武日光駅から中禅寺温泉または湯元温泉行き東武バス約40分
中禅寺温泉ならJR日光駅・東武日光線東武日光駅から中禅寺温泉または湯元温泉行き東武バス約45分

・お車の場合:
日光宇都宮道路清滝ICから奥日光方面へ約20分

芦ノ湖(箱根)~神奈川県

やはり紅葉の名所といえば箱根、と言われるだけあって、紅葉の時期にはたくさんの観光客が訪れる地です。なかなか人が多くしっとりと味わうという感じではないかもしれませんが、紅葉の時期にしか見られない箱根、芦ノ湖というのも素敵ですよ。ぜひ一度は堪能してみてください。
ツワモノの方は早朝ドライブで紅葉を楽しむという方法もあるのだとか?

●住所:神奈川県箱根町元箱根
●電話:0460-85-5700 箱根町総合観光案内所
●見頃:11月上旬
●アクセス方法:
・電車の場合
JRまたは小田急小田原線小田原駅からバス約1時間

・お車の場合
東名高速厚木ICから小田原厚木道路・箱根新道経由約70分

長瀞(ながとろ)渓谷~埼玉県

関東の紅葉名所ランキング第1位といえば、埼玉県の「長瀞」ですね。
紅葉シーズン以外でも、あの渓谷の間を縫うように進むクルージングは圧巻で壮大であり、大変人気な観光名所ですね。またライン下りも人気の観光です。
そんな中でも秋はまた格別の紅葉を望むことができますのでおすすめです。ぜひ大人ならではの贅沢な時間を満喫してみてください。
なお、秩父鉄道の電車の本数は少ないようですので、旅行の計画を立てる際には時間に余裕を持った計算をしておいた方がベターです。

●住所:埼玉県長瀞町
●電話:0494-66-0307 長瀞町観光案内所
●見頃:11月中旬~11月下旬
●アクセス方法:
・電車の場合:(岩畳)秩父鉄道長瀞駅から徒歩約5分
・お車の場合:(岩畳)関越道花園ICから国道140号経由約30分

明治神宮外苑~東京都新宿区

ロケ地としても使われることも多く、手軽に行くことができるという点で人気なのは「明治神宮外苑」ではないでしょうか。
いちょう祭りの時期になると屋台なども多く出店され、とても賑やかになります。まるでお祭りに来たみたいな高揚感と、紅葉を一度に楽しむことができます。

●住所:東京都新宿区霞ヶ丘町1番1号
●電話:03-3401-0312
●見頃:11月下旬~12月上旬
●アクセス方法:電車の場合
(1)JR信濃町駅または千駄ヶ谷駅下車
(2)東京メトロ銀座線・半蔵門線・都営大江戸線青山一丁目駅下車

養老渓谷~千葉県

紅葉スポットとなっている「養老渓谷」の粟又の滝や老川十字路、中瀬遊歩道などでは、見頃の時期にライトアップが行われているそうですので、計画を立てられる際にはぜひライトアップが見られる期間も考慮しておくといいですよ。
2016年は11月下旬~12月上旬でしたので、事前に調べておくと良いでしょう。点灯時間は17時~21時30分とのことです。
ライトアップのほかに「養老渓谷もみじまつり」もありますので、こちらも事前に調べておくと良いでしょう。

●住所:千葉県大多喜町・市原市
●電話:0436-96-1108 養老渓谷観光協会
●見頃:11月下旬~12月上旬
●アクセス方法:
・電車の場合
(1)中瀬遊歩道:小湊鉄道養老渓谷駅から徒歩約30分
(2)栗又の滝:小湊鉄道養老渓谷駅からバス約20分

・お車の場合
圏央道市原鶴舞ICから国道297号・県道168号・県道81号線経由約40分

スポンサーリンク

まとめ

猛暑のような夏を過ぎて涼しくなってきたら、ゆったりと時間に余裕をもって、紅葉を楽しみながら夏の疲れを癒してもいいのではないでしょうか。
ぜひこれから計画を立てようという方は、参考にしていただけると嬉しいです。

この記事についての感想がありましたら遠慮なくコメントをしてください。

また、記事の内容が「参考になった!」と言う方は、SNSアイコンに「いいね」登録をしていただけると励みになります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク