もうすぐ子供たちが待ちに待った夏休みが始まります。

家族旅行の計画はもうお済みですか?

「デイズニーランドに連れて行ってあげたいけれど、チケットが結構高い…」と予算面での心配事もあると思います。家族全員で出かけるとなるとチケット代以外にも交通費や宿泊費、飲食代などもかかるので、合わせて考えると…うーん。予算オーバー?「やっぱ、やめようか…」

でも諦めないでください!少しでも格安でディズニーランド・シーのチケットを手に入れる方法を特別にお教えします。

夏休みには夢の国ディズニーランド・シーでたくさんの思い出を作りましょう♪

スポンサーリンク

ディズニーランド・シー チケットを格安で手に入れる方法は?

出典:http://www.tokyodisneyresort.jp

まず、ディズニーランド・シーどちらかを1日満喫できる通常のチケット料金は、以下の表の通りです。

チケット金額(税込み)
大人(18歳以上) 7,400円
中人(中学・高校生) 6,400円
小人(幼児・小学生) 4,800円

例えば、夫婦2人と中学生と小学生の子供2人がいるご家庭を例にチケットの代金を計算してみます。

7,400+7,400+6,400+4,800=26,000  4人合計で26,000円です。

チケットだけでこの金額になります。消費税が増税されたタイミングでのチケット値上げもあったので、4人家族で考えると結構な金額になりますね。

 

では最もお得にディズニーランドもしくはシーが満喫できるチケットは、いくらになるのでしょうか。

平日の夕方6時からの入園で使える「アフター6パスポート」が一番お得です。

チケット金額(税込み)
大人(18歳以上) 4,200円
中人(中学・高校生) 4,200円
小人(幼児・小学生) 4,200円

この場合も先ほどと同じ家族構成でチケット代金を計算してみます。

4,200×4=16,800      4人合計で16,800円です。

差額は何と9,200円。差額の浮いたお金はパーク内での飲食物やお土産の購入代金に充てることができます。

夕方6時からの入園では満喫できないと心配になるかもしれませんが、大丈夫ですよ。

ディズニーランド・シー共に閉園時間は夜の10時ですので、4時間もあれば十分に楽しむことができます。夜のパレードは見ることができますし、何より夕方少し涼しくなってからの入園の方が体力的にきつくないのでオススメです。夏の昼間に乗り物の行列に並ぶのはかなり地獄です。熱中症にもなりかねませんよ!

そのうえ小さなお子様を連れているご家族や、バスツアーで来ている団体のお客様はあまり遅い時間まで滞在しないことが多いので、夕方以降「パーク内が空いてきたな」と実感するほどです。

また、期間限定で「夏5ウィークデーパスポート」も発売されます。平日の夕方5時以降の入園で大人も子供も全員のパスポートが4,400円で購入できるのです。これはかなりお得ですね。発売期間は7月18日から9月7日までです。この期間中は、先ほどご紹介した「アフター6パスポート」の販売はありません。

スポンサーリンク

ディズニーeチケットが便利

出典:http://www.tokyodisneyresort.jp

せっかくディズニーランド・シーへ出かけるのなら少しでもたくさん園内で遊びたいですよね。入園前にチケット売り場で並ぶなんて時間がもったいないです!

行く日が決まったら「日付指定の事前購入チケット」が便利です。日付指定券であれば、入園制限の日でも安心して入園することができるからです。何より1番のメリットは、チケット売り場で並ばずにそのまま園内に入ることができる点です。

ディズニーeチケットであれば、自宅のプリンターでチケットを印刷して当日持って行くだけです。印刷したチケットでももちろんファストパスの発券もできます。

日付指定でチケットを購入後に急に予定が変更してしまっても、オンラインで日にちを変更することも可能です。便利ですね。

自宅にパソコンやプリンターがない場合は、オンラインでチケットを購入して自宅へ発送してもらうことができます。同じく当日パークの窓口に並ばずに入園できるので時間の節約になりますよ。

スポンサーリンク

まとめ

出典:http://www.tokyodisneyresort.jp

この夏にディズニーランド・シーへ出かけようと計画されているなら、「夏5ウィークデーパスポート」が断然お得です。自宅でパスポートをインターネットで購入するeチケットを利用してくださいね。入園窓口で並ばずに入園できるので、その分園内を満喫することができますよ。

この夏、家族や友達と最高の思い出を作りましょう!

 

記事の内容が「参考になった!」と言う方は、SNSアイコンに「いいね」登録をしていただけると励みになります。
最後まで読んでいただきありがとうございました。