85619_201103100244213001299733523c

引用:http://www.oricon.co.jp/

キャスター・タレントとして活動されていた小林麻央さんはみなさんご存知ですよね。

個性的なキャラクターの姉・小林麻耶さんに旦那さんは市川海老蔵さん。芸能一家なので知らない人はいないことと思います。

そんな小林麻央さん、表舞台に出てくることが減ったことや、さまざまなウワサが飛び交い2016年に旦那さんである市川海老蔵さんが単独記者会見を行うことになりそこで乳がんを患っているという事実が発覚しました。

さらに病状はとてもいい状態といえるものではなく、余命宣告すらも受けたかのような会見でした。

いま日本では乳がんの発症率も上がっていて、定期的な検査を呼びかける声もよくあがっています。今回はそんな小林麻央さんの現在の最新の病状について徹底的に調べてきました!

こちらでも悲しい速報記事があります・・・

スポンサーリンク

小林麻央 プロフィール

小林麻央さんといえば「恋のから騒ぎ」に出ていたころのイメージが強い方も多いのではないでしょうか?

当時の麻央さんは、まだ大学生ということもあり、あどけないかわいさがありましたよね。さんまさんにいじられてる麻央さん、今ではなかなかの貴重な映像かもしれません。

卒業後はキャスターとして活動され、2006年10月に「News Zero」のサブキャスターが決定しました。

実はここで、海老蔵さんとの運命の出会いが待っていたのです。ゲストで訪れた海老蔵さんを麻央さんがインタビューしました。麻央さんは何も感じなかったと後に発言をしているようですが。(笑)海老蔵さんは麻央さんになにかを感じていたのかもしれませんね。

85619_201103100244213001299733523c

引用:Yahoo!公式

こちらがそのときのお2人です。いい顔されていますよね~♪

2010年1月海老蔵さんとの婚約を発表する会見を行いました。

2011年には第一子の女の子。2013年には第二子の男の子を出産されました。遊び人で有名だった海老蔵さんが子煩悩で、さらに麻央さん一筋とは・・。少し前では信じられませんね。

麻央さんだからこそ海老蔵さんを変えられたのかもしれません。

そんな幸せな2人のもとにガン治療が始まることになるとは・・思いもしませんでした。

スポンサーリンク

小林麻央 乳がん発症

d111d08e

引用:小林麻央ameba公式ブログ

歌舞伎界の市川海老蔵さんの妻である小林麻央さん。

女子キャスターとして結婚前は活動されていました。

2010年3月に市川海老蔵さんとの婚姻届けを提出し、

7月29日に結婚披露宴を行いました。

2011年7月25日は長女である「麗禾(れいか)さん」を出産

2013年3月22日には長男である「勸玄(かんげん)さん」を出産され

2児の母になりました。

https://twitter.com/umipiru/status/832485916744617985

出産から3年後の2016年6月に乳がんの治療中であることが、市川海老蔵さんの記者会見で明らかになりました。

33歳という若さ、さらに小さいお子様が2人もいることから世間からは心配の声があがっています。

海老蔵さんの会見のあと、病状をみんなに明かした麻央さんはブログをはじめました。

久しぶりに更新した写真はやはり少し顔色が悪そうなときも多く、読者の方を心配にさせることもありますが、この麻央さんのブログで励まされている方もたくさんいると思われます。

まず麻央さんの乳がん発症からの流れを紹介します。

2014年2月 麻央さんは旦那さんである海老蔵さんと人間ドックをするために病院へ行きました。

メインは海老蔵さんだったようで麻央さんは付き添い感覚だったようです。そこで医者から言われた言葉は、麻央さんにガンの疑いがあり再検査を必要とされるものでした。

再検査では、ガンの疑いはないと判断され半年後にまた検診をすすめられました。

半年後は8月だったようですが、麻央さんは忙しさもありあっという間に10月になっていたと後にブログで明かしています。その10月では、自分でしこりらしきものを見つけて、急いで病院を予約しました。

実際に病院に行くと胸だけでなく、脇にまで移転しているという新たな事実が見つかりがんの闘病生活がスタートしました。

闘病生活が続く中で週刊誌などでさまざまな憶測が飛び交いました。

治療過程

市川海老蔵、会見

2016年6月に市川海老蔵さんが行った記者会見では、1年8カ月前に海老蔵さんの付き添いで行った人間ドックで乳がんが見つかり、小林麻央さんが乳がんを患っているとの説明がありました。

1年8カ月前となると、長男●くんを出産されてすぐのお話です。

会見では、乳がんの手術はしておらず、抗がん剤を使用しての治療を現在進行形で続けていること。

また、小林麻央さんの乳がんは進行がかなり早いものであり状況としては深刻な状況であると明かされました。

小林麻央さんの姉である小林麻耶さんも生放送中に体調不良から、病院に緊急搬送されたこともあり、深刻な状態であることがここからも伝わってきます。

実際に、小林麻央さんの口からは、旦那さんである市川海老蔵さんがとても頼りになるので、支えてもらいながら治療を行っていること。

また家族に負担をかけてしまっていることの悲しさもあるが、今後の家族との生活のために治療に励むことを報告されました。

最後に「私はとっても前向きです。」というコメントを残されており、小林麻央さんの生きることへの希望や力強さを感じられました。

その会見では市川海老蔵さんから、報道の自粛などに対しての発言もありました。

乳がんステージ4

市川海老蔵さんが行った会見では、具体的な「ステージ」を表す言葉は出ておらず「比較的深刻な状況にある」とのことのみが説明されました。

そこからさまざまな憶測が飛び交いましたが、のちに小林麻央さんが2016年9月にブログ「KOKORO.」を開設された際にご自身から「ステージⅣ」であることが発表されました。

その際には、がんの全身転移も発表されています。

それと同時に小林麻央さんはブログで、「なりたい自分になる」「がんの陰に隠れないで」「精一杯生きる」「5年後も10年後も、あわよくば30年、40年も生きたい」などの力強い言葉をたびたび、投稿されています。

これは、現在がんを患っている方たちへの心強いメッセージにもなっていますね。

スポンサーリンク

QOLのための手術

2016年麻央さんが自身のブログでQOL向上のため、左胸のがんなどを摘出する手術を受けたと報告されています。

2016年10月に小林麻央さんの公式ブログで「QOLのための手術」を受けたことを明らかにいたしました。

「QOL」という言葉をあまり聞いたことがない人も多く、世間ではどんなものなのかと注目を集めました。

実際に「QOLのための手術」とは、根治手術ではなく局所コントロール、QOLのための手術を麻央さんのブログに記載されています。

以前までは手術の選択もなかった状態であったため、状況は良好かと少し安心しましたが公式ブログ内では「肺や骨にはまだガンが残っているためその痛みもあるので、これからが戦いである」と説明がありました。

QOL向上のための手術とは

QOLとはクオリティ・オブ・ライフ(Quality Of Life)のことで、「生活の質」という意味で使われます。最近の医療現場、特にがん治療に関してQOLという考え方が重要視されているようで、痛みを伴う進行ガンの患者さんの肉体的、精神的な苦痛を取り除き、社会的活動を含めた総合的な生きがいを高めようという考え方です。
引用 : http://light-shade.net

この手術を9月に行い、11月からは自宅に戻り12月末に再度入院となってしまいました。。

テレビ出演

2016年12月に平日毎日通い続けた放射線治療が終了したとブログで発表がありました。

その際には力強い言葉を発信されていましたが、副作用からかブログの更新が止まるなどし、心配の声があがりました。

しかし2017年1月にはテレビに出演し、元気な姿で取材に応じられました。

また再び放射線治療を再開したと発表されています。

その際のテレビ番組で海老蔵さんの口から

「3月、4月、5月でたぶんダメだった」

「いまは奇跡に近い状況である」

とのことも発表されました。

ガンが、皮膚まで転移していた

乳がんから始まった麻央さんの治療。
実は2016年春に、皮膚までガンが移転しました。
その時に医者からは、余命宣告を受け夏まで持つのかもわからない。といわれていたそうです。
一度は左胸の全摘を拒否した麻央さんでしたが、後に左胸を全摘しています。

麻央さんは、以前皮膚への転移が見つかる前には骨や肺などへの転移も報告しています。

麻央さんの痛みが測りきれません。。
それでも公式ブログでは、前向きな言葉を発信し続ける麻央さん。時にはネガティヴになってしまうこともあるようですが、その気持ちが痛いほど伝わります。家族やお子さんの気持ちを思うと本当に胸が痛む思いで、いっぱいです。

スポンサーリンク

現在の麻央さんの病状

20110627_kobayasimao_02

引用:http://maomaodesign.com/

麻央さんの症状は、乳がんのステージ4です。

2017年1月には、食事をすることの困難な様子をブログで報告されていました。

2月には食欲の戻りが回復したように見られましたが、まだ以前のような体力はまだないようですが、3月にも特に不調らしいものは訴えられていなかったので少し体調が良いのかもしれませんね。

しかし、3月末に更新されたブログでは血液検査の数字が良くなかったこと、咳が止まらないということを報告されています。

肺の転移への影響もあるのかもしれませんが心配になる内容ですね。

病院に再入院、自宅治療、再入院などありましたが、現在の状況として知られていることは、自宅療法に切り替えたこと。

海老蔵さん自身も、自宅療法の大変さについて何度か発言されています。

最近の小林麻央さんの公式ブログ内を見ると以前に比べて痩せていることも気になる点ではあります。

また、あごにガンが転移されたこともAmeba限定ブログ内でですが、報告されました。

それに伴い、痛み止めのテープのようなものを使用されているのですが、量を増やしたことから強い眠気に襲われているようです。

そのほかにも高熱も続いているようで、少し心配な状況が続いています。

しかし小林麻央さんは、公式ブログ内で何度も何度も絶えずにポジティブな強い言葉を残されています。

時にはネガティヴな日も人間なので、もちろんあります。

それでも小林麻央さんは諦めずに前を向き続けています。

娘さんの七五三を迎えることの楽しみも書かれていました。

最新の記事では、笑顔で写真を撮ることもリハビリだと書かれていました。

これからも、笑顔で過ごせる時間がたくさんたくさん持てることを心から祈っています。

しかしガン患者の方でも生きる希望を持っている方はたとえ、余命宣告をされていても長く生き続けられることができることを耳にします。
実際に私の親戚もそうでした。

たとえ末期のガンだと言われても、余命宣告をされても、麻央さんには生きる望みを持ち続けて欲しいと願います。

今後、小林麻央さんの症状がさらによくなることを心から祈っています。