今回はAKB48 Team8の、横山結衣について紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

横山結衣のプロフィール

+横山結衣 に対する画像結果

出典:https://www.bing.com

生年月日 2001年2月22日
出身地 青森県
ニックネーム ヨコちゃん
特技 ダンス
趣味 ネイルアート、ダンスの練習

顔がまだまだ子どもなので、妹みたいな感じですかね。

スポンサーリンク

独特な青森訛り

彼女は青森県出身ということがあり、青森の訛りがよく聞かれますね。

あの独特なイントネーションが耳に残って、彼女のことを覚えやすいかもしれません。

しかし、この訛りは「ビジネス訛り」だということがほぼ確定していますね。

例えば、日本テレビ系の『AKB チーム8のブンブン!エイト大放送 』のなかで、メンバーから「ビジネス訛り」だということを暴露されていました。

この時の回は初回で、MCのオードリーに対してアピールをしていきたいキャラとして横山結衣は「なまり」だと自身を紹介していました。

しかし会場のお客さんやメンバーからは微妙な反応で、メンバーの一人から「ここにいる人たちは全員思っている」として、その訛りが「エセ」だと言われていました。

MCの若林が「(普段は)標準語でしゃべっているの?」と他のメンバーに横山結衣のことを聞くと、周りのメンバーからは「はい!」と大きな声で返事が返ってきていました。

群馬県のメンバーからは、青森のおばあちゃんが話している動画を(横山由依に)見せられた時に、横山結衣が「見て、何言ってるか分かんないでしょ?」と普通に標準語を話していたことまでもが暴露されました。

+横山結衣 ダンス に対する画像結果

出典:https://www.bing.com

しかし、ビジネス訛りだったとしても可愛らしい顔で青森弁を話す姿は本当に癒されますよね。

だからこそ、横山結衣は妹的存在だと思います。

+横山結衣 チーム8 に対する画像結果

出典:https://www.bing.com

スポンサーリンク

ダンスが凄い!!!

横山結衣といえば、青森弁と可愛らしい顔が大きく印象に残るものですが、実はダンスがキレキレ!!!

日本テレビ系の『AKBINGO!』でのダンスバトルでそれが大きく印象に残るものとなりました。

この時の企画は、AKB48グループからダンスに熱い情熱を持っているメンバーが集まり、1番ダンスが上手いメンバーを決めるという企画でした。

そしてこの企画の審査員には、ストリートダンス世界大会での優勝経験を持ち、オリエンタルラジオ 中田敦彦の弟であるFISHBOY、ダンサー・振付師であり、「本能寺の変」のネタで一世を風靡したエグスプロージョンの他、パパイヤ鈴木が登場しました。

横山結衣は同じTeam8の選抜メンバーで3人組を組み、その一人として自慢のダンスを見せつけました。

他のダンスチームには辛口評価をしたFISHBOYも、「最初のかわいいところから途中で厳しい表情になり、最後がかわいい表情で終わる、という気持ちの構成も素晴らしかった」と高く評価をしました。

そして横山結衣がいるTeam8選抜チームはこの企画で見事に優勝しました。

+横山結衣 ダンス に対する画像結果

出典:https://www.bing.com

しかし、妹的存在の横山結衣にその可愛らしい表情とのギャップを見せつけられると何かたまりませんね!!!

スポンサーリンク

まとめ

今回は、Team8の横山結衣について少しの紹介をしましたがどうでしたか?

第一印象としては、表情が可愛らしくて妹的なイメージを持つ方も多いと思います。

しかしながら、ヒップホップダンス歴6年の経験を持つ横山結衣のダンスを目にすると大きく印象が変わってくると思います。

バラエティーなどではなかなかダンスを見ることができないため、青森弁の可愛らしいイメージを持つ方も一度は目にするといいでしょう。

みなさんもよかったら横山結衣を応援してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク