人気が最高潮の恋愛コメディ&シリアスなドラマ東京タラレバ娘ですが、第9話もしっかりと原作との違いを確認していきましょう!

スポンサーリンク

ドラマと原作を比較してみた

ドラマの場合 原作の場合
早坂さんがおすすめの餃子が美味しい店に倫子を連れていく。 早坂さんと倫子が二人で食べログで探す。
早坂さんと倫子が餃子食べた後にコンビニでつまみを買う。 早坂さんと倫子が餃子食べた後につまみを早坂さんが作ってくれる。
早坂さんの家で見るテレビ番組はエンタの神様 早坂さんの家で見るテレビ番組はアメトーク
早坂さんが大きな鍋を買おうと言う。 倫子が大きな鍋を欲しくなる。
香が結婚相談所に紹介してもらった男性と会う。 その描写はなし。
KEYが「独身の良い男なんてそうそういない」と言うシーンは呑んべえ。 KEYが「独身の良い男なんてそうそういない」と言うシーンは北伊豆。
KEYが元奥さんの七回忌に出席するシーンがある。 その描写はなし。
KEYが元奥さんの父親に「娘のことはもう忘れて良い」と言われる。 その描写はなし。
香が熱を出す。 その描写はなし。
涼が香の家に訪ねてくる。 その描写はなし。
小雪のお父ちゃんがぎっくり腰になる。 その描写はなし。
小雪が香の家に看病しに来る。 その描写はなし。
小雪が風邪の時は桃の缶詰が食べたくなると言う描写がある。 その描写はなし。
小雪が丸井の家に泊まった翌朝、丸井のスマホに嫁が帝王切開するという連絡が入る。 小雪が丸井の家に泊まった翌朝、丸井の姉が部屋に入ってくる。
早坂さんが作る鍋は白菜と豚肉の鍋。 早坂さんが作る鍋は鶏の水炊き。
マミちゃんには早坂さんと倫子の口から付き合い出したことを告げる。 マミちゃんにはKEYから早坂さんと倫子が付き合い出しことを告げる。
KEYの元奥さんは30歳。 KEYの元奥さんは33歳。
倫子と早坂さんとKEYと涼で呑んべえで呑むシーンがある。 その描写はなし。
早坂さんが倫子に「物件探しましょう」と言うのは早坂さんの家に二度目に訪れた時。 早坂さんが倫子に「物件探しましょう」と言うのは早坂さんの家に一度目に訪れた時。
小雪がタラの白子とレバーに「〆鯖女」と言われたのは丸井の家に泊まった時。 小雪がタラの白子とレバーに「〆鯖女」と言われたのは一番最初にホテルに行った時。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

今回も、原作と異なる箇所がたくさんありましたね!

原作も読めばよりいっそうドラマが楽しめることでしょう!

それでは次は最終回でお会いしましょう!