この記事は、東京タラレバ娘最終回の見逃した動画ドラマの視聴方法、ネタバレや感想を掲載しています。

いますぐ原作を読みたい方はこちらから読めちゃいます!

 最終回のあらすじ・見どころ

まずは、最終回のあらすじを抑えましょう!

亡き妻の七回忌で義父から「娘のことは忘れて、自分の人生を歩いて行きなさい」と言われたKEY(坂口健太郎)。 心の支えをなくしボロボロになったKEYの姿を見た倫子(吉高由里子)はそのまま放っておくことができず、家に連れ帰って一晩泊めてしまう。

早坂(鈴木亮平)に嘘をついてまでそんなことをしてしまったことを後悔しながらも、KEYに心惹かれている自分に気づいた倫子。 だが、その気持ちには蓋をして、なかったことにしようと決意する。

そんな中、改めて婚活をスタートさせていた香(榮倉奈々)の前に、元カレ・涼(平岡祐太)が現れる。 「彼女と別れた。もう一回ちゃんとつきあいたい」という涼の言葉に、揺れる香…。

一方、丸井(田中圭)との不倫関係を終わらせたはずの小雪(大島優子)は、街で偶然、子供を連れた丸井と遭遇してしまう…。

スポンサーリンク

ネタバレ

出典:http://www.tbs.co.jp

 ネタバレ(放送後)

ここでは、複数名の視聴者による、ストーリー説明を行います。

同じものを見ても、ストーリーの感じ方、理解の仕方が違うので是非読み比べてみてください!

視聴者①

前半

落ち込んで泥酔していたKEYを放っておけなくて、早坂にお腹が痛いと可愛い嘘をついて、彼を泊てしまった倫子、自分に他意はないと言い聞かせます。

そして、第三次結婚ラッシュとやらにやさぐれる倫子、香、小雪。いや、倫子は結婚間近?のあちら側の住人ということらしいです。

2人で住むアパートを探す、蘭子と早坂、婚活に勤しむ香、お見合いを勧められる小雪、三者三様結婚に向けて進み出しているように見えますが…。

そんな倫子の元へまたもやタラレバさん達の登場。金髪に対する想いの本質を突かれますが、その想いに蓋をして、倫子は早坂との結婚に突き進んでいくと決意します。

後半

テレビ局で早坂とKEYと鉢合わせた倫子、早坂が席を外した時にKEYは今度…と言いかけて、その言葉の続きが気になってしまって、久々の第四出動です。

KEYの事は気になるものの、幸せにしてくれそうなそのものの早坂さんを選ぶのは狡くても三十女としては当然だという結論に至ります。

と、のんべえで女子会をしていた所へ早坂とKEYがやってきて、嘘をついてKEYと一緒にいた事がバレてしまいます。

そして、倫子のKEYへの気持ちに気付いてしまった早坂、その気持ちを忘れようとする倫子。

KEYと倫子は久しぶりに偶然会い、その様子を目撃してしまった早坂、倫子の気持ちに気づかない振りは出来ないと別れを切り出します。そして倫子は…

スポンサーリンク

視聴者②

前半

弱っているKEYを自宅に泊めた倫子は、泊めたことを彼氏の早坂さんに言えずにいます。

倫子は、自分のKEYに対する気持ちはただの同情ではないとうすうす気づきながらも、早坂さんとの同棲の準備を進めます。

小雪は、お見合いの話があり、会ってみようと一度は思いますが、今はまだ1人でいたいと断ります。

香は、結構相談所で紹介されたお見合いをしますが、相手側に背が高いのを理由に断られます。

KEYを泊めた倫子は、早坂さんとKEYが一緒にいるところに出くわし、KEYが何かを倫子に言いたそうな様子を見て、心がザワザワします。

自分の気持ちを香や小雪に話し、少し心が落ちつきますが、そこに早坂さんとKEYがやってきます。

 

後半

そこで、倫子の家から朝出ていくKEYを見かけた話を小雪の父がしてしまい、倫子は本当のことを早坂さんに話します。
早坂さんは、倫子のKEYへの気持ちに気づき、2人は微妙な雰囲気のままその場を別れます。
倫子は、KEYを忘れる決心をします。

KEYは映画の話がきて、北海道への長期ロケに行くことに決めます。

KEYと倫子が一緒にいるところを早坂は見つけてしまいます。

小雪は、早坂さんに偶然出会い、きちんとお礼が言え、本当の意味で別れることができました。

香のところに涼が訪ねてきて、彼女と別れもう一度香に告白をしますが、香は返事を保留にします。

入居申し込み書を書く倫子に、早坂さんは、倫子と一緒にいることが苦しくなり、別れを切り出します。

倫子たち3人は、女の幸せを改めて考えて、自分の道を新たに進むことにします。

倫子はKEYに再会し、KEYに告白をします。

お互いに笑い合い、それぞれの生活が進んでいきます。

まとめ:最終回の感想

視聴者①

恋とはどうしようもなく落ちてしまうものなのだなと改めて思いました。

本当は倫子とKEYは互いに気付いていなかっただけで、最初から惹かれ合っていたのでしょうね。

事あるごとにぶつかるけれど、本音でぶつかれる、本当の自分でいられる、そんな相手は中々いないのに、ぶつかってしまうから、直ぐにはその存在の大きさに気づけなかったのかなと思いました。

本当に倫子の事が好きだった早坂が、倫子の気持ちを分からない筈もなく、そのまま気づかない振りをして付き合いを続けても幸せにはなれないから、タラレバ男になりたくないからと言って自ら別れを切り出した早坂は優しくてかっこよかったです。

私なら早坂を選ぶのにと思ってもどうしようもない事を思ってしまいました。

視聴者②

倫子と早坂さんと恋愛を応援していたので、早坂さんが倫子に別れを切り出す表情はとても切なく、胸が苦しくなりました。

早坂さんは本当に素敵な男性で、最後まで格好よかったです。

結局、倫子も香も小雪も、誰とも結婚することはありませんでしたが、とてもすっきりする終わり方でした。

結婚することだけが女の幸せではないということはとても共感でき、幸せのかたちは自分で見つけるものだと改めて感じさせられました。

ただ、倫子とKEYがお互いの気持ちを言い合いましたが、付き合うかどうかはわからないまま終わったところが少しもどかしくなりました。

最後に、倫子と恋人同士になり幸せそうな顔をするKEYを見たかったので、少し残念でした。