この記事は、カルテットの謎が多すぎるので整理してみた!を掲載しています。

真紀の夫がクドカンこと宮藤官九郎だったのは、ネットでも衝撃だったようです。

まぁ、それはそれとしてストーリーの方が断然気になりますよねw

そもそも、カルテットは原作がない完全オリジナルドラマなので、どうしても謎が多いときになって夜もグッスリですよねw

そこで、ちょっとたくさんある謎を整理してみました。

キャストや登場人物について詳しい説明はこちらです!

スポンサーリンク

色々謎が多いので整理してみた

news_header_quartet_201611_01

出典:http://www.tbs.co.jp

ここでは、視聴者の見解を掲載します。

真実はどこに?!

「全員片思い」結局丸く収まるの?

始まる前から「全員片思い、全員嘘つき」というキャッチコピーで話題になっていました。

ドラマも前半が終わり、大体片思いの相手は分かってきたかと思います。

まず別府→真紀は、序盤から明らかになっていたので確定的です。

次にすずめ→別府も、キスで顕著になりました。

そして真紀と家森は、どちらも矢印の方向がカルテットメンバーじゃないから違和感があります。

普通に考えて、真紀→失踪した夫、家森→茶馬子になるのかな?家森→アリスはないと思ってます。

ただ家森は茶馬子と復縁は無いでしょうし、真紀もパーティーの真相が明らかになって、今も夫に恋愛感情があるとは思えなくなりました。

結論、これは誰もくっつかない。誰も叶わないから、丸く収まるっていうエンドだと思います。個人的にはカルテットメンバー内で片思いして欲しかったので、家森→すずめ→別府→真紀→家森とかいう不毛な循環になれば良いのにと思ってます。

家森さんは誰に片思いしてるのか?

番組が始まっての当初、『みんなが誰かに片思い』のくだりがあるが、家森さんの相手だけがまだ明確にされていない。

有朱ちゃんに振り回されてみたり、すずめちゃんとの仲をある程度示唆したり…まではあるが、他の3人の様に強い意志での片思いが見られない。

で、誰に片思いしてるのか?さっぱりわからない。予想もつかない。

普通にすずめちゃんの場合、そこにまだ何かの秘密が隠されているのか?

それともあっ!っと驚く相手なのか?あっ!と驚く相手なら即思うのが別府君である。別府君に恋してたら驚くだろうなぁと思うが、話の筋的に少し離れるのであり得ないか?

そこで考えるのが相手は『夫さん』ではないかと。以前に病院で知り合っているから、そう考えても無理はない。そして巻さんと知り合うきっかけも夫さんによるものであったし。

だから家森君の片思いのあは夫さんでは?
と思うのである。

スポンサーリンク

来杉有朱の存在と目的

巻夫婦に何があったのか?という事がメインであるように思いますが、それよりも来杉有朱の存在が不可解です。

最初は話の主の流れには特に必要のない人物のようにも思えたのですが、回を重ねる毎に強烈なキャラクター度が増し、ドーナツホールのメンバーに絡んでいっているように感じたので。これだけ登場回数が多くなっている割に人物背景が見えない。

妹の口から語られているわずかな情報だけです。

これは最大の謎ではないでしょうか。

今後の展開としては、巻真紀の旦那さんの失踪に実は来杉有朱が関わっているというのはどうでしょうか。

来杉有朱は真紀に人生を狂わされた過去があり、その復讐のために動いていた。義理の母親に真紀が殺したと思わせたり、ドーナツホール4人を引き合わせたり、ノクターンで演奏することも。

このドラマのすべては来杉有朱の書いたシナリオ通りだったということがラストで明らかになる。

まとめ

いよいよ物語も終盤へ!

まだまだ、多くの謎が残されていますが、物語はどのように決着がつくのでしょうか?

楽しみですね!