出典:cdn2.natalie.mu

TBSより、2017年1月17日(火)よる10時スタート火曜ドラマ『カルテット』が始まります!

カルテットとは、四重奏のことで、同じ楽器または違う楽器の四人で演奏をすることをいいます。

さぁさぁ、テンション高めにこのドラマの見所など、掘り下げていきたいと思います!

カルテットのあらすじ

公式サイトには以下の通り、ストーリー導入部について触れられていました!

ある日、4人は”偶然”出会った。
女ふたり、男ふたり、全員30代。
4人は、夢が叶わなかった人たちである。
人生のピークに辿り着くことなく、
ゆるやかな下り坂の前で立ち止まっている者たちでもある。

彼らはカルテットを組み、
軽井沢でひと冬の共同生活を送ることになった。
しかし、その”偶然”には、
大きな秘密が隠されていた――。
出典:http://www.tbs.co.jp/quartet2017/

偶然出会ったとされる男女四人の物語とありますが、全員30代という事で、どこで偶然出会うのか気になりますね!

まさか、角を曲がったらぶつかったという、お約束の出会いは勘弁してください・・・

まぁ偶然の出会いにも秘密がありそうなので、その辺も要チェックですね!!

美しい冬の軽井沢を舞台に、軽妙なやりとりにクスッと笑い、予期せぬ展開にハラハラして、人生の真実に触れてハッとする。

人間の人生模様を丁寧に描いているそうです!

カルテットの見どころについて

なんといっても主演の「松たか子」でしょう!

5年ぶりの連続ドラマ出演となるそうです!

ちなみに、その5年前の出演というのは2012年放送の日曜劇場『運命の人』です。

さらに、脚本は人間ドラマの名手と言われる坂元裕二氏が担当しています。

氏の完全オリジナル作品とのことで、昨今によくある漫画や映画からなどのドラマ移植というスタイルではなく、このドラマでしか楽しめないというのはファンにとってうれしいところでしょう!

そして、その注目のストーリーは男女4人が共同生活をするということで、近すぎる距離に対してどのような展開があるのでしょうか?

ラブストーリーという事で、カップルが成立してエンディングを迎えることが想定されますが、誰と誰がカップルになるのでしょうか?

全然関係ないですが、テラスハウスを意識していますか?

と、思われてもしょうがない設定ですねw

また、舞台が冬の軽井沢というのが大人の恋愛をオシャレに演出しそうです。

カルテットのキャスト

松たか子 巻真紀(まき・まき)役

出典:i2.wp.com

カルテットの中で第一ヴァイオリンを担当している真紀は、家庭があるため普段は都内で生活し、週末だけ演奏のために軽井沢に通っているとの事。
極端なネガティブ思考で自ら主張することは少なく、他のメンバーたちより一歩引いた存在である。
しかし、時どき核心に触れる発言をするなど、とらえどころのない人物だとか。。

凄い気になるのが家庭があるためとありますが、「人妻」ってことでしょうか?
それとも、シングルマザーなのでしょうか?

相関図も気になりますね!!

まさかのゲス不倫な展開を期待している方々要チェックですw

満島ひかり 世吹すずめ(せぶき すずめ)役

出典:dorama9.com

満島が演じるすずめは、無職のため司の祖父が所有する軽井沢の別荘に住みついている。
基本的に寝て過ごしていることが多いが、ひとたびチェロを手に取ると人が変わる。
常にマイペースでのんびりしているが、カルテットに加わったのにはある目的があり――!?

その類まれな演技力で数々の賞を受賞してきた満島ひかりさんと松たか子さんの初コラボにも注目ですが、”目的”をもってカルテットに加わったのは・・・まさか・・・婚活?!

という、ボケをかましてみますが、無職という事であながち間違ってもいなさそうですが、”目的”についても注目ですよ!

高橋一生 家森諭高(いえもり ゆたか)役

出典:yukiyo.wp-x.jp

ヴィオラ奏者・家森諭高は妙に理屈っぽく、自己のこだわり満載の一風変わった男である。
・・つまり、面倒くさい男ってことですね!(確信)

高橋は、TBSドラマは2014年の『ペテロの葬列』以来の出演との事。

今年は映画「シン・ゴジラ」での好演するなど、記憶に新しいですね。

役柄にとらわれることなく、幅広い役を演じてきており昨年放送のドラマ『民王』(EX)での人気キャラクター・貝原茂平役を演じて以降、人気急上昇中の彼が、今作で新境地に挑む。

松田龍平 別府 司(べっぷつかさ)役

出典:www.cinemacafe.net

誰もが羨む音楽一家に生まれ、ドーナツ会社に勤めながらヴァイオリンを弾いている。
4人の中で唯一、冷静にほかの人物とコミュニケーションを取ることができるリーダー的な存在。
カルテットの活動の拠点として祖父が所有する別荘を提供する。
一見、何不自由ない生活を送っているように見える司にも、誰にも言えない秘密があった・・・。

唯一まともにコミュニケーションが取れる人物という事で、他の3人がどれだけコミュ障なのか、気になりますね。

勝手なイメージで恐縮ですが、唯一コミュニケーションをとれる役が松田龍平さんというのも、違和感がありますw

というわけで、司が中心となって物語が進んでいくという認識をもってしまいますが、どうなることやら・・・

ちなみに、松田龍平さんは今作がTBSドラマ初出演となるそうです。

どちらかというと、映画出演のイメージが強いでしょうか?

直近で言うと、主演映画「舟を編む」で日本アカデミー賞最優秀主演男優賞受賞、その他にも数々の賞を受賞し、独特の存在感で多彩な役柄を演じていますね!

吉岡里帆 来杉有朱(きすぎ ありす)役

出典:nakajiee.com

カルテットの4人が訪れるライブレストランの従業員であり、元地下アイドルで、どこかミステリアスな雰囲気を帯びた魔性の女性で、接客業であるがゆえに、常に笑顔を絶やさずにいるが、その目は全く笑っていない・・・

・・・てか、このドラマはコミュ障害しかいないのかw
ちなみに、吉岡里帆さんはNHK朝の連続テレビ小説『あさが来た』での好演が話題を呼び、今やドラマ、バラエティなど幅広い分野で活躍するしてますね!

そんな吉岡が加わり、物語はどのような広がりを見せるでしょうか?

カルテットの製作スタッフ

出演者 巻 真紀(まき まき) … 松たか子
世吹(せぶき)すずめ … 満島ひかり
家森諭高(いえもり ゆたか) … 高橋一生
別府 司(べっぷ つかさ) … 松田龍平
来杉 有朱(きすぎ ありす) … 吉岡里帆
製作著作 TBS
演出/チーフプロデュース 土井裕泰
脚本 坂元裕二
プロデュース 佐野亜裕美

 

まとめ

いかがでしょうか?

30代男女4人のラブストーリということで、もちろんお色気はありますよね? どのようにドラマが描かれているのか気になります。

今のところ、松田龍平さんの役以外は、コミュ障の可能性が高く決して明るいドラマではなさそうですね。

まぁ、もともと夢を追い求めるも諦めた4人ですから、「諦めてよかった~」的な明るいドラマになってもいけないわけでw

とにかく、まずはなぜ、どういった理由で共同生活を始めることになったのか。

そこに注目です。

そして、誰と誰がカップルとなりエンディングを迎えるのか?

要チェックですよ!!