今回は、死亡説も出ている株式会社読売新聞グループ本社の代表取締役主筆である「渡辺恒雄さん」の現在について調べてみました。

スポンサーリンク

渡辺恒雄プロフィール

ナベツネの名で有名な渡辺恒雄さんですが、彼のことを詳しくは知らないという人のために彼のプロフィールを紹介します。

1926年5月30日生まれの90歳(2017年現在)。ずいぶん昔から活動されていたのは知っていましたがまさかの90歳とは驚きました…

東京大学文学部の卒業で、読売新聞グループ本社の主筆として活動されていました。

読売新聞グループ本社だとわかりずらいかもしれませんが、彼は読売ジャイアンツ取締役最高顧問というとイメージが湧きやすいかもしれませんね!

あの野球の読売ジャイアンツ巨人です!

1950年に入社され、あらゆるところで学び力をつけ1991年には社長に就任いたします。

巨人といえばナベツネというイメージが強いかもしれませんが、実は彼は以前は野球にまったく興味がありませんでした。

しかし1989年に最高経営会議のメンバーに選ばれてから野球の勉強をはじめ1996年には球団オーナーに就任します。努力家なんですね!

スポンサーリンク

ナベツネ死亡説

そんな彼、現在90歳なことからか?死亡説が出ているので今回死亡説を調べてみると…

結論からいうと、死んでいません!

2017年3月24日に東京都内で開催された巨人の激励会に出席されているので、死亡説はデマということになります。

相変わらずのナベツネさんで、巨人のオープン戦の不調に対して「オープン戦は実績にならないから、わざと負けたんじゃないかとしか思えない」なんて毒を吐くくらいなので、ウワサとは裏腹に元気いっぱいかもしれませんねw

 

死亡説が出たのは年齢もあるかもしれませんが、この激励会は2年ぶりのことだったのです。なぜ2年ぶりかというと、いろいろと不祥事が原因なんですが、それについても紹介します!

スポンサーリンク

渡辺恒雄、引責辞任

 

2016年3月に引責辞任を発表した渡辺恒雄さん。

辞任のきっかけとなったのは、巨人の高木京介選手が野球賭博に関与していることからはじまりました。

ナベツネさん以外にも、白石興二郎オーナー、桃井恒和球団会長も辞任されています。

2015年から賭博が発覚し続けている巨人軍にこれは当然と思うかもしれませんが、ナベツネさんが辞任ってなかなか大きなニュースなんですよ!

 

 

野球賭博に関わっていた選手は、高木に関しては復帰されています。「野球で償っていきたい」というコメント通り、活躍してほしいですね。

 

辞任を発表したナベツネさんですが、実は過去にも1度辞任をされているのです。

 

ナベツネ1度目の辞任

2004年にも辞任をされているナベツネさん。

一場事件をご存知ですか?

“一場事件(いちばじけん)は、一場靖弘(当時明治大学硬式野球部)に対し、2004年にドラフト自由枠での獲得を目指していたプロ野球の複数球団が日本学生野球憲章に反して現金を渡していたことが発覚した事件である。

2004年8月13日、読売ジャイアンツが2003年12月からの7ヶ月間、一場に対して“食事代” “交通費” “小遣い”などの名目で数回にわたり総額約200万円の現金を渡していたことを明らかにし、土井誠社長、三山秀昭球団代表を始めとする編成に関与した幹部4人を解任、渡邉恒雄オーナーと堀川吉則会長も引責辞任すると発表した。渡邉オーナーは辞任後、会長に就任した。”

引用:Wikipedia

 

最後に注目してください。

辞任後に会長に就任しているのです。あれ?ですよね(笑)

2004年8月に辞任され、2005年6月には読売巨人軍代表取締役会長に就任されているのです。

こういった過去のことから、今回の辞任も実はなにか裏があるのではないか?とウワサにもなっています。

スポンサーリンク

ナベツネの辞任には裏がある?真相は?

 

ナベツネといえば巨人の「ドン!」

彼から出てきた過去の発言から見ると高木選手の賭博で辞任はナベツネらしくないとの声が出ています。

過去の彼の発言といえば

  • 自分は独裁者である
  • あんな太った豚は活躍できん

(西武からきたマルティネス選手に対して)

  • よくあんな借金まみれの男に嫁が来てくれたな

(桑田選手が結婚を発表したとき)

  • 代理人をつれてきたら年俸半分カットだ。いや、クビだ!
  • 巨人が優勝しなかったらデフレスパイラル、世界恐慌になっていた
  • イチローは売国奴だ。金で選手を売るのは売国奴だ

 

たしかに普段からこんな発言をする彼から、高木選手の賭博に責任をとって辞任とはイメージがつきません。みんなが疑う気持ちもわかります。

では辞任の真相は?調べてみると、

やはり年齢的なものからくる辞任と考えられると思います。

ナベツネさんなら、お金にも困ってないだろうし、年齢を考えたらゆっくりと老後を過ごす選択をしてもいいころですもんね。

スポンサーリンク

まとめ

死亡説はデマとわかって安心しましたが、年齢を考えると少し今後が心配でもありますね。

激励会に参加されたのでお元気なのかもしれませんが、週刊誌によっては歩くのもままならなかったなんて目撃情報があったりもするのです。

真実はナベツネさんとその身内にしかわからない事情があるかもしれませんね。

 

おまけに…ナベツネさんの人脈って本当にすごいですよね。

安倍総理ともご飯に行くくらいなんだから。